うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

医師との交渉

一度医師に診断書の作成を断られたとしても、100%診断書を書いてもらえる方法はあるか!?

うつ病者が障害年金を請求する場合、 最も高いハードルとなるのは診断書です。 診断書の内容を正しく書いてもらえないという問題も大きいですが、 それと同じく大問題な

実録:診断書作成から逃げる医師!

障害年金の手続きで最も重要なポイントの一つである診断書。 この診断書は医師しか書くことができません。 多くの医師はうつ病者の経済事情や将来のことを真剣に考え、

医師はどのような理由で診断書の作成を拒否するのか?

医師にとって診断書の作成はやっかいな業務で、 あまり儲けにならないという記事を以前書きました。 参照 ⇒医師との交渉 どんな理由で医師は診断書の作成を断ってくる

診断書作成に応じない医師への頼み方

「あなたの状態では、障害年金は認められないでしょう」「まだ若いんだし、障害年金をもらうことより働くことを考えた方が良い」といった感じで、診断書を書きたがらない医

障害年金手続きにおける医師との折衝(4):医師に診断書を書いてもらえないときの対応法

うつ病をはじめとした障害年金の審査において、診断書が重要というのは何度もお伝えしているところです。 当然、診断書を作成するのは医師ということで、医師との折衝も障

障害年金手続きにおける医師との折衝(3):障害年金に詳しくない医師との折衝

うつ病をはじめとした障害年金の審査において、診断書が重要というのは何度もお伝えしているところです。 当然、診断書を作成するのは医師ということで、医師との折衝も障

障害年金手続きにおける医師との折衝(2):適切な情報提供

うつ病をはじめとした障害年金の審査において、診断書が重要というのは何度もお伝えしているところです。 当然、診断書を作成するのは医師ということで、医師との折衝も障

障害年金手続きにおける医師との折衝(1):診断書作成は医師にとって厄介な業務?

うつ病をはじめとした障害年金の審査において、診断書が重要というのは何度もお伝えしているところです。 当然、診断書を作成するのは医師ということで、医師との折衝も障

医師へのうつ病診断書の作成依頼

今回は、障害年金の診断書の作成を医師へ依頼するときに注意すべきことについて、コメントしていきます。 まず、診断書を作成する医師は、うつ病などの精神障害の場合は、