障害年金1級から3級までの認定基準はこちら

障害年金を受給するための認定基準

toukyuu

障害年金を受給するための認定基準について、すべての障害年金に共通の基準について話をしていきます。

【1級】
身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする病状が日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のものをいいます。この日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度とは、他人の介助を受けなければほとんど自分の用を弁ずることができない程度のものをいいます。

例えば、身のまわりのことはかろうじてできるが、それ以上の活動はできないもの又は行ってはいけないものをいいます。
病院内の生活でいえば、活動の範囲がおおむねベッド周辺に限られるものであり、家庭内の生活でいえば、活動の範囲がおおむね就床室内に限られるものといえます。

常時他人の介護が必要でほとんど寝たきり状態となります。

【2級】
身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする病状が、日常生活が著しい制限を受けるか又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のものです。
この日常生活が著しい制限を受けるか又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度とは、必ずしも他人の助けを借りる必要はありませんが、日常生活は極めて困難で、労働により収入を得ることができない程度のものをいいます。

例えば、家庭内の極めて温和な活動(軽食作り、下着程度の洗濯等)はできるが、それ以上の活動はできないもの又は行ってはいけないものをいいます。
病院内の生活でいえば、活動の範囲がおおむね病棟内に限られるものであり、家庭内の生活でいえば、活動の範囲がおおむね家屋内に限られるものといえます。

【3級】
労働が著しい制限を受けるか又は労働に著しい制限を加えることを必要とする程度のものをいいます。

また、「傷病が治らないもの」にあっては、労働が制限を受けるか又は労働に制限を加えることを必要とする程度のものです。

日常生活にはさほど支障はないが、アルバイト労働より制限された労働をいいます。
例えば、通常のアルバイトより休憩を長く取る必要があるなど、
労働に制限を加えることが必要な場合が当てはまります。

【障害手当金】
「傷病が治ったもの」であって、労働が制限を受けるか又は労働に制限を加えることを必要とする程度のものをいいます。

あなたが障害年金を受け取れるか、無料で判定します!

うつ病で働くこともできずに苦しんでいるあなたは、
きっと経済的にも大きな不安を抱えていると思います。

そんな経済的不安を解消するのが障害年金です。

でも、障害年金を受け取るためには、
いくつかの要件を見たしていなければなりません。

自分が障害年金の要件を満たしているかを判断するのは
決して簡単なことではありません。

でも安心してください。

いくつかの質問に答えてくれれば、
あなたが障害年金を受けられるかについて
うつ病による障害年金専門の社労士である私がお答えします。

障害年金という経済的安心を手に入れるため、
下のボタンをクリックして障害年金判定を受けて下さい!

<注意>
この障害年金判定は、
●うつ病
●双極性障害
●統合失調症
●発達障害
の人のみが対象となります。


障害年金無料判定を受ける


障害年金無料判定を受ける

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)