精神障害における障害年金の認定基準はこちら

精神障害の認定基準を解説

c1b266f9603eafe09a3c7c6b880a4e71_sninnteikijun

障害等級の判断基準として、認定基準と認定要領がありますが、ここでは認定基準について解説していきます。

精神の障害の認定は、その原因、症状、治療およびその病状の経過、具体的な日常生活状況等により総合的に判断されることになります。

その中で、各等級の判断基準は次のとおりとなります。

【1級】
日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のもの

【2級】
日常生活が著しい制限を受けるもの又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの

【3級】
労働が著しい制限を受けるか又は労働に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの

【障害手当金】
労働が制限を受けるか又は労働に制限を加えることを必要とする程度の障害を残すもの

また、認定基準には、
「精神の障害は多種であり、かつ、その症状は同一原因であっても多様である。したがって、認定にあたっては具体的な日常生活状況等の生活上の困難を判断するとともに、その原因及び経過を考慮する
とあります。

このことから、うつ病をはじめとした精神の障害については、具体的な日常生活状況を重視して障害等級が認定されることが分かっています。
精神の障害用の診断書では、裏面の半分以上を「日常生活状況」が占めていることからも、日常生活の状況が重要視されていることが見て取れます。

このことを医師がしっかりと理解していないことが多く、また、うつ病患者の日常生活を深く理解しない状態で診断書が作成されてしまうことから、不適切な診断書となってしまい、障害年金が不支給となるケースも多くあるのです。

このブログを読んでいる方については、安易に診断書の作成を医師に依頼しないよう、事前の準備を万全にしてから診断書の依頼を行うようにしてください。

それでは、次回のブログでは認定要領について解説していきます。

【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。


この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける


障害年金無料判定を受ける

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)