精神疾患による障害年金の認定要領について解説

精神障害の認定要領を解説

a2641656f8535acc5aa3bced698ff5e5_sninteiyouryou

認定要領とは、認定基準をより具体化したものと考えてください。

今回は、精神障害のうち、うつ病をはじめとした「A 統合失調症、統合失調症型障害及び妄想障害並びに気分(感情)障害」について解説します。

認定要領の内容は次のとおりです。

【1級】
そううつ病によるものにあっては、高度の気分、意欲・行動の障害及び高度の思考障害の病相期があり、かつ、これが持続したり、ひんぱんに繰り返したりするため、常時の介護が必要なもの

【2級】
そううつ病によるものにあっては、気分、意欲・行動の障害及び思考障害の病相期があり、かつ、これが持続したり又はひんぱんに繰り返したりするため、日常生活が著しい制限を受けるもの

【3級】
そううつ病によるものにあっては、気分、意欲・行動の障害及び思考障害の病相期があり、その病状は著しくないが、これが持続したり又は繰り返し、労働が制限を受けるもの

【その他注意点】
1.そううつ病は、本来、症状の著名な時期と症状の消失する時期を繰り返すものである。したがって、現症のみによって認定することは不十分であり、症状の経過及びそれによる日常生活活動等の状態を十分考慮する。

2.日常生活能力等の判定に当たっては、身体的機能及び精神的機能、特に、知情意面の障害も考慮の上、社会的な適応性の程度によって判断するように務める。また、現に仕事に従事している者については、その療養状況を考慮し、その仕事の種類、内容、従事している期間、就労状況及びそれらによる影響も参考とする。

3.人格障害は、原則として認定の対象とならない。

4.神経症にあっては、その症状が長期間持続し、一見重症なものであっても、原則として認定の対象とならない。ただし、その臨床症状から判断して精神病の病態を示しているものについては、統合失調症又はそううつ病に準じて取り扱う。

ここまでが認定要領の内容となります。

注目してほしいのは、上記のうち3と4です。

上記3で、人格障害は「原則として認定の対象とならない」と規定していますが、どういったものが例外になるか明示していません。実態としては人格障害は原則対象外ではなく例外なく対象外と考えて良いでしょう。少なくとも法改正や例外が明示されるまではですが。

上記4の神経症については、原則対象外ではありますが、神経症以外の症状が見受けられるときには、診断書にその症状を記載することにより障害年金が認定される可能性があります。

【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。


この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける


障害年金無料判定を受ける

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)