うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

最近、嫌な人からの電話が多くて困ってます

From:宮里竹識
下北沢の自宅より
最近、というかうつ病による障害年金専門の社労士事務所として開業してから
ずっとですが、嫌な人からの電話に困っています。
あっ、もちろん私と契約してもらっているお客さんや、
うつ病で苦しんでいて障害年金について問合せをしてくれる人のことでは
ありませんよ。
困っているのは、「営業電話」です。
障害年金の書類をチェックしているときも、
お昼ご飯を食べているときも、
打合せをしているときも、
こちらの都合に関係なく電話がなります。
あなたも、
「マンションが買い時です!」
「子どもに負担をかけないよう、今のうちにお墓を買いませんか?」
といった電話で困ったことがあるのではないでしょうか。
多くの人にとって歓迎されない営業電話ですが、
実は、宮里は営業電話が大好きなのです。
なぜなら、
レベルの高いセールストークは人間心理を緻密に計算しており、
流れに無駄がなく美しさすら感じるからです。
この人の話を聞きたいと思わせるオープニングトーク、
魅力的なストーリー、この商品を買ったらどんなメリットがあるか、
期間限定の値引き、最後の提案など。
話を聞いていて楽しいし、勉強にもなります。
営業電話を日頃から沢山受けているのですが、
最も重要だと感じるのは最初のオープニングトークです。
ここで「この人の話を聞きたい」と思わせないと次の話を聞いてくれないからです。
そのためには、いきなり商品を売り込むのではなく
どんなメリットが得られるかを一言で伝えることが大切です。
唐突ですが、
過去の営業電話のオープニングで良かったものベスト3を発表します。
【第3位:旅行券が当選しましたので、受け取りに来て下さい】
実はこれ、悪徳商法でした。
危うく80万円の英語教材を買わされるところでした。
これは私が大学時代の話で、アパートに帰るとドアにメモが挟まっており、
「旅行券が当選したので受け取りにきてください。連絡先は…」
といった内容でした。
実は、隣の部屋のドアにも同じようなメモが挟まっていたので怪しい
というのは最初から分かっていました。
ただ、どんな話を聞かせてくれるのかと興味本位で電話したのです。
このエピソードの詳細についてはこちら

なぜ宮里は悪徳業者のお姉さんからケーキをおごってもらえたのか?
【第2位:所得税が安くなる方法を知ってますか?】
こちらは、仕事が終わって家でくつろいでいたときにかかってきた電話です。
所得税は給与を支払われるときに自動的に控除されるものですが、
安くなる方法があるなら知りたいと思い、話を聞きました。
内容としては、家を買って住宅ローンがある人に適用される住宅ローン控除の
話でした。
住宅ローン控除の話からマンション購入の売り込みに入っていきましたが、
トークの流れが良かったので2時間ほど話をきいてしまいました。
ただ、私は夏は北海道、冬は沖縄で生活したいという人間ですので、
東京で不動産を購入するという選択肢はないのでお断りしました。
【第1位:取材させてください】
社会保険労務士として開業してからの話です。
出版社を名乗る男から電話があり、
障害年金を専門にしている社会保険労務士の先生の仕事ぶりを取材し、
雑誌の記事に載せたい、という話でした。
正直、自分のやっている障害年金という仕事が社会に認められた気がして
嬉しかったです。
ただ、色々話を聞いたのですが結局断りました。
この一件については過去に記事を書いていますので、
こちらを参照ください。

取材の依頼がありましたが、断りました
以上が良かった営業電話ベスト3ですが、
気分の悪くなる営業電話もあります。
「これまでで最も効果のある、史上最強の、何もしなくてもお金が入ってくる究極の方法」
といった感じでとにかくあおってくる営業は嫌いです。
また、デメリットを話さない人や数値で説明しない人も論外です。
そのような人の無駄話を聞いている時間はないですし、
正直イラッとくるので、さっさと電話を切るようにしています。
あなたも、人と話をしていてイラッときたり
この人と話をするのは楽しいと思ったことはありませんか。
不快に感じたり楽しく感じたりと
湧き上がった感情に反応するのも良いですが、
相手の言葉の意図を考えてみるのも楽しいですよ。
相手が自分に気遣ってくれているのが分かると嬉しくなりますし、
悪徳営業マンなど自分を陥れようとしている人の言葉の意図に気づくと
違う意味で嬉しくなります。
ちょっとした遊びのつもりで試してみてください。
きっと面白いと思います。
ただ、やり過ぎは注意が必要です。
相手の意図を読み取ったつもりで間違っていることはよくありますし、
考えすぎてストレスがたまるのもよくありません。
気楽に楽しめる程度でいきましょう。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける