うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

うつ病や強迫性障害に苦しんだ開発者が作った精神障害をテーマにしたPCゲーム

From:宮里竹識
下北沢のスタバより、、
なにやら興味深いサイコホラー・アドベンチャーゲームを見つけましたので
紹介します。
このゲームの開発者であるGilgenbach氏はうつ病や強迫性障害を患っていて、
2013年に発売した『Retro/Grade』というリズムシューティングゲームが
大失敗に終わり、病状が悪化したという特異な経歴をもっています。
Gilgenbach氏自身が見た本物の悪夢が題材となっています。
ゲーム内容は、
悪夢から目覚めるとまた次の悪夢を見てしまう主人公を操作し、
この悪夢の原因を調べ連鎖するナイトメアワールドから脱出することを
目的としています。
公式サイトで動画が公開されていたので、
この動画を一度見てください。

 
ホラーゲームといえば「バイオハザード」や「SIREN」といったものが
有名ですが、このゲームは絵のタッチが独特です。
ゲームというより、不気味な絵本みたいだと思っていたら
そのとおりでした。
大人の絵本作家といわれるエドワード・ゴーリー氏の残酷表現をリスペクト
したビジュアルで、音楽も怖く、かなり胆の冷えるゲームとなっている
ようです。
このゲームはPC(Windows、Mac)、Ouyaでプレイするゲームです。
また、残念ながら今のところ英語版のみのリリースのようです。
2014年9月26日に発売するそうなので、
興味のある人はやってみて下さい。
ちなみに、宮里は英語がまったくできないため、
日本語版がでなければプレイできません。。。
誰かプレイした人から感想もらえるとうれしいです。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける