うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

後ろの人のアレが気になって集中できない!


宮里竹識の写真From:宮里竹識(みやざとたけし)
代々木上原のスタバより、、、
4/10と4/11の2日間、表参道でセミナーに参加してきました。
うつ病や障害年金には直接関係ないのですが、
障害年金の情報をどのように発信していくのがベストかなど、情報発信に関する内容でした。
50名ほどの参加者で会場は埋まり、
講師の熱意あふれる講義で参加者も真剣そのものです。
ところが、
参加者全員がひたすら集中して聞いている中、
その場にそぐわない異常な音がすぐ後ろから聞こえてきます。
「Zzzzz!」
夜寝ているときなどに発生するあの音、
蚊の飛ぶ音や黒板を引っ掻く音に続いて嫌がられる音、
イビキです。
せっかく集中してメモをとっていなのに気が散ってしまいます。
私のすぐ後ろから聞こえたので、私だけが気になっているかと思いきや、そうではないようです。
少しずつ周りがざわつきます。
どうやら会場中に聞こえていたようです。
私の10メートル前で話をしていた講師にも聞こえていたようで、
「2日目のお昼過ぎということで皆さん疲れていますね。少し休憩しましょう」
と早めの休憩時間になってしまいました。
当然、そのイビキをかいていた人はセミナーのスタッフから注意を受けていました。
こんな風に他人に邪魔されてイラッとしたこと、ありませんか?
映画が始まってもしゃべり続けるカップル
電車で本を読んでいるときに肩にもたれ掛かってくる寝そうな人
人の話に割り込んでくる友人
中々思うようにいかない。
これって、どうしようもないことだと思います。
だって、
自分の言葉や行動は自分で決められるけど、他人の行動はコントロールできませんから。
じゃあ、あきらめて他人の迷惑行為を受け入れるしかないのかというと、そうでもありません。
今回のセミナーでのイビキ事件がまさにそうです。
というのも、休憩時間にトイレに行って心のざわつきを沈めていたところ、近くの人がこんなことを言っていたのです。
「あのイビキ、おいしいな。俺、塾の講師やってるんだけど、明日の授業のネタにするわ」
その瞬間、あれだけ怒りの対象だったイビキがまったく違うモノに変わりました。
同じイビキでも、見方によってこれだけ感じ方が変わるとは、、、。
というわけで、私もこのブログのネタに使わせてもらいました。
もうイビキをかいていた人への怒りはありません。
むしろ、良いネタをくれてありがとう、と思っています。
あなたは、他人の迷惑行為に対してどう感じますか?
嫌な思いをしたままということもあるかと思いますが、目線を変えてみるということを試してみては?
相手の顔を頭の中で変顔にしてみるとか面白いかも。
ちなみに、私は小学校のとき先生に怒られているときにそれをやってしまいました。
一人で爆笑した結果、1時間廊下で正座するはめになりました。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける