うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

摂食障害(過食症・拒食症)と障害年金について

fd801ae6a9177daab7448f9925524741_s
摂食障害とは、単なる食欲や食行動の異常ではなく、
次のような心理的要因に基づく食行動の障害をいいます。
●体重に対する過度のこだわりがあること
●自己評価への体重・体形の過剰な影響が存在すること
摂食障害は若い人、とくに女性に多いとされており、
大きく分けて拒食症と過食症があります。
【拒食症とは】
拒食症は、その言葉通り食べることを拒んでしまう病気です。
他の人から見ると痩せているのではというような体型であっても、
本人は太っていると感じているため、食べ物を受け付けられなく
なっているのです。
その結果、体重はどんどん落ちていきます。
拒食症の人には、次のような症状がみられます。
●体重の減少
⇒食事を摂ることができないので、当然不健康にやせていきます。
●思考力の低下
⇒脳に必要な栄養が足りていないため、考える力が低下します。
●毛深くなる
⇒体重が落ちると基礎体温も下がってしまいます。
体温が下がると、寒さから身体を守るため体毛が濃くなる場合があります。
毛深い人が赤道近くの暑い地域より赤道から離れた寒い地域に多いのも、
それが理由といわれています。
【過食症とは】
過食症は、拒食症とは逆に食べ過ぎてしまう病気を言います。
自分で食べることをおさえることは難しく、
際限なく食べてしまうことが過食症の特徴です。
そして、食べたものをすべて吐いてしまうことになります。
過食症の人には、次のような症状がみられます。
●体重の増加
⇒際限なく食べてしまう結果、体重は増加します。
●体重の減少
⇒過食症のなかには、過食と拒食を繰り返す人もいます。
そのため、拒食中はやせていきます。
また、拒食症と過食症では下記のような共通する症状もあります。
●生理不順
⇒栄養不足とストレスといったことが原因で生理不順となることがあります。
●虫歯になりやすい
⇒意外かもしれませんが、理由をきくと納得です。
摂食障害で嘔吐を繰り返すことで、胃液が歯のエナメル質を溶かしてしまい、
虫歯になりやすくなるのです。
摂食障害の原因としては、
社会的要因、ストレスといったことが考えられます。
<社会的要因>
とくに日本や欧米などの「やせている人がキレイ」「太っている人はダメだ」
といった社会的な考え方が根底にあります。
テレビや雑誌では痩せることが正しくて、美しく・可愛くなるために体重を
減らすための商品や広告にあふれています。
これにより、標準体重であってもさらにダイエットしようとしたり、
太っている自分はダメなんだと思い悩むことが摂食障害の要因となっています。
<ストレス>
学校や仕事での人間関係、家族の不仲や両親からの高すぎる期待
といったストレスも摂食障害の要因となっています。
摂食障害は、投薬治療や入院治療など適切に対処することで
治すことのできる病気です。
そのためにも、規則正しい食事、完璧でなくてもよいと思うこと、
対人関係でのストレスを軽減することを意識して下さい。
自分ではどうしようもないと感じたら、
早めに専門医に相談してください。
摂食障害は場合によっては働くことや日常生活が困難になるほど
重篤となる場合があります。
この場合、もしかしたら障害年金を受給することができるかもしれません。
といっても、摂食障害は神経症となるため単独では障害年金の対象とは
なりません。
しかし、摂食障害はうつ病と密接な関係があるといわれており、
うつ病などの気分障害といった他の精神病が併発していれば
障害年金の対象となるのです。
摂食障害もれっきとした病気ですので、
うつ病を併発するなどの要件を満たしていれば受給することを検討しましょう。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける