うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

いつも側にいる黒い犬、名前を「うつ病」といいます

From:宮里竹識
新代田の自宅より、、
ぼくは黒い犬を飼っていた。
そいつの名前は「うつ病」といった。
黒い犬が現れるときはいつだって
人生が虚しくてスローに見えた。
理由もなく突然現れ、ぼくを驚かせた。
黒い犬のせいで、気持ちも見た目も
年齢よりずっと老けてしまった。
みんなは人生を謳歌しているのに、
ぼくの世界は黒い犬型サングラスを通してしか見えなかった。
今まで普通に楽しんでいたことも
さっぱり楽しめなくなった。
これは、WHO(世界保健機関)がYouTubeで配信している
「I had a black dog, his name was depression」
という動画の冒頭部分を文字起こししたものです。
非常に秀逸な動画ですので、
ぜひ見てください。

あなたがうつ病に苦しんでいるなら、
もしくは身近にうつ病の人がいるなら
きっと共感できる部分が多かったと思います。
私がこれまでに見たうつ病関連の動画の中で、
一番引き込まれる内容でした。
うつ病というものを黒い犬で表現しており、
この黒い犬が側にいるとどのようなことが起こるか、
どんな気持ちになるのかといったことが忠実に表現されています。
私の妻がうつ病を患っていたときのことを思い出して、
少し胸が苦しくなりました。
今回は多くは語りません。
とにかくこの動画を見て、
何かを感じてもらえればと思います。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける