うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

双極性障害(躁うつ病)の人がうつ病と誤診されるケースが増えています! | 社会保険労務士事務所 全国障害年金パートナーズ


f3d3ee05b45344e22e79ca3638b04697_s
うつ病は「うつ」の症状だけが起こる病気ですが、
双極性障害(躁うつ病)は「躁」と「うつ」の症状を繰り返す病気です。
しかし、うつ病も双極性障害も「うつ」の症状はほぼ同じであることから、
見分けがつきにくく、診断が難しい病気です。
とくに双極性障害の2型は躁状態がさほど重くないため
うつ病と誤診されることが多いのです。
NHKの報道番組によると、
うつ病者の41.4%が双極性障害だったという
報告があったほどです。
gurafu
当然ですが、うつ病と双極性障害では治療薬が異なります。
うつ病の場合は抗うつ剤により気分の落ち込みを抑制することになりますが、
双極性障害の人に同じ薬を飲ませると、躁状態時に更に気分が上がって
しまいます。
その結果、
人が変わったように攻撃的になったり、
高価な買い物をするようになったりすることがあります。
もちろん、双極性障害の人にうつ病の薬を飲ませても
病気は治りません。
この双極性障害をうつ病と誤診してしまう問題、
もともと判断が難しいものではありますが、
医師の能力の問題と片付けることはできません。
というのも、
病気を患っている本人が躁状態のことを
医師に話していないことが多いからです。
とくに双極性障害2型の場合は「うつ」に比べて「躁」が目立たないため、
躁状態となってもうつ状態が落ち着いているだけと勘違いしてしまうことも
あるからです。
気分の落ち込む「うつ」の話ばかりをしていれば
うつ病と診察されるのも仕方のないことです。
もしあなたが鬱病で何年も治療を続けているのに改善しておらず、
うつ状態とハイとなる状態が繰り返しているなら、
双極性障害の可能性を疑ってください。
主治医にも相談し、双極性障害の薬に切り替えることによって
症状が良くなるかもしれません。




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!