うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

「3人の石工」の話とうつ病予防について

From:宮里竹識
下北沢の自宅より、、
あなたは「3人の石工」の話を知っていますか?
経営学の父と呼ばれるピーター・ドラッカーがその著書『マネジメント』の
中で語った話で、ビジネスの世界ではそれなりに知られた話です。
【「3人の石工」の概要】
ある日、3人の石工が何をしているのか聞かれ、
3人はそれぞれこう答えました。
①これで食べている
②この国で一番の仕事をしている
③教会を作っている
ドラッカーは、組織の目標に従って自身の目標を理解することが
重要だとして、③の教会を作る人になることを推奨しています。
この話においてドラッカーは経営やマネジメントの立ち位置から
働く人が何を意識して仕事をすべきか語っています。
この考え方は、少し見方を変えればうつ病予防にも使えます。
3人の石工の話で教会を作っていると答えた人が良いとされるのは、
自分の仕事の意味を高いレベルで理解しているからです。
ただ給与をもらうためだけに仕事をしている人と、
教会を作って人々の役に立ちたいと考えている人では
仕事に対する意欲や満足感がまったく違ってきます。
当然、教会を作っている人の方が自分の仕事に誇りをもっており、
人生を充実させています。
つまり、自分の仕事が社会にどう貢献しているのかを
考えてほしいということです。
どんな仕事でも社会の役に立っています。
(犯罪行為なんかは別ですが・・・)
自分の仕事の意味を改めて考えてみてください。
できるだけ大きく考えるのがポイントです。
うつ病による障害年金専門の社労士である私の場合、
障害年金のサポートを行うことは次のような意義があると考えています。
●うつ病で経済的に苦しんでいる人を助けることができる
●うつ病者に療養に専念してもらえる
●障害年金を受け取ることで、「自分は収入もなく家族に迷惑ばかりかけている」
といううつ病者の罪悪感を軽減させることができる
●うつ病者を助けることで、その家族の不安も和らげることができる
●障害年金を通じて療養に専念し、うつ病が治れば安心して社会復帰できる。
社会復帰して収入をえることで国には税金が入り、経済も好循環となる
少し考えるだけでも私の仕事の社会的意義はこれだけでます。
きっと、あなたの仕事も世の中の役に立っているはずです。
それを意識するだけで心にエネルギーが湧いてきて、
うつ病の予防につながります。
だからといって働き過ぎは禁物ですよ。
休むときは休む。バランスが重要です。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける