うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

うつ病は誰にでもかかる可能性がある病気です

eaa83aa4ba18689936637e574697822b_s
国立精神神経センター精神保健研究所で
興味深い調査が行われました。
質問:あなたは今までに「精神疾患」にかかったことはありますか?
※「精神疾患」とは、うつ病・不安障害・パニック障害などの
メンタルの疾患のことをいいます。
この質問に対して、男性は100人中16人が「はい」と答えました。
また、女性は100人のうち27人が「はい」と答えました。
男女を平均すると21%、
「5人に1人」が心療内科や精神科でうつ病などの精神疾患であると
診断を受けたことになります。
この5人に1人についてですが、
心療内科や精神科で病気だと診断を受けた人の数ですので、
実際にはもっと多くの人が精神疾患にかかっているはずです。
なぜなら、病気にかかっていても病院にいかない人も多いからです。
熱が出ると内科にかかりますよね。
歯が痛くなると歯医者にいくのではないでしょうか。
内科や歯医者にかかったことのない人はほとんどいないでしょう。
でも、心療内科や精神科にいったことのない人は数多くいます。
精神疾患は5人に1人が経験する身近な病気ですし、
うつ病も世間にだいぶ認知されてきたと思います。
心に不安をかかえた状態が継続しているのであれば、
一人で悩まずに心療内科や精神科にいってみてはいかがですか?
多くの医師はあなたの悩みを理解してくれますので、
それだけでも安心できることもあります。
うつ病は誰にでもかかる可能性のある病気ですが、
療養には時間がかかり再発も多い病気です。
療養に専念する間は働けないことも多く
その間の治療費も小さくありません。
療養中の経済的不安を感じるのであれば、
障害年金という制度もあります。
このブログの他の記事や全国障害年金パートナーズの特別レポート、
「うつ病で障害年金を受給するために知っておくべき51の原則」
に障害年金について詳しく解説していますので、こちらも読んでみて下さい。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける