うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

うつ病って遺伝すると思いますか?

f7994f6724848cf11155327fcc57998c_s
病気によっては、親から子へ、子から孫へと
遺伝していくものもあります。
若年性アルツハイマーや高血圧、糖尿病などは
遺伝しやすいといわれています。
それでは、うつ病の場合はどうでしょうか。
一卵性双生児の双子がいて、
片方がうつ病の場合、
もう片方がうつになる可能性は70%〜80%だといわれています。
ここだけ聞くと、やはりうつ病も遺伝すると結論付けてしまいたくなりますが、
必ずしもそうとは言い切れません。
なぜなら、遺伝ですべて決まるのであれば、
遺伝子が100%同じ一卵性双生児の場合、
片方がうつ病ならもう片方も
100%の確率でうつ病にならなければおかしいからです。
もちろん、遺伝の影響も大きいとは思いますが、
それ以上に重要な要因があります。
それは、「環境」です。
人は、育ってきた環境や生活環境、人間関係、ストレスなどによって
大きく変わってきます。
たとえ一卵性双生児の双子であっても、
環境によってそれぞれが大きく変わった個性をもっていきます。
例えば、受験や恋愛や友人関係で失敗したり、
仕事で悩みを抱えたり、夫婦や親子関係で苦労を感じているなど、
強いストレスを抱えているとうつ病の発症率は上がります。
逆に、心安らぐ人と一緒にいられたり
人生が上手くいっていたりすると、精神が安定しているため
うつ病にはかかりにくくなるといえるでしょう。
一つ理解してほしいことは、
「たった一つの要素だけでうつ病になることはない」
ということです。
※知人の精神科医師のコメントです。
遺伝もそうかもしれませんが、
うつ病は様々な環境要因などが重なった結果発症するものです。
なので、もしあなたの家族がうつ病にかかってしまったとしても、
「私があんな酷いことを言ったのが悪かったんだ」
「あの子への接し方が冷たかったのでは」
などと悩みすぎないようにしてください。
大事なのはうつ病者も病気で苦しんでいることを分かろうとすること、
自分のサポートがうつ病者の助けになっていることを理解することだと
思います。
それが簡単でないことは知っているつもりです。
私の妻がうつ病で苦しんでいるとき、
「なんでいつも否定ばかりなんだ」
「本当に一緒に生きていくことができるのか」
と私も悩んだものです。
あのときは私も妻も大変でしたが、
一緒にいるという選択をして良かったと今は感じています。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける