うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

うつ病の人は悪いことにばかり目を向けるって本当?

095bbd0ce6b69eb4b61a684c458892cc_s
うつ病の人はマイナス思考になりやすく、
人の悪いところにばかり目を向けてしまうといわれています。
身のまわりにうつ病の人がいたら実感していると思いますが、
うつ病者がマイナス思考になりやすいというのは、本当の話です。
なぜそうなるかについて話をする前に、
一つ心理テストをしてみましょう。
今ここにTさんという人がいます。
Tさんには次のような特徴があります。
●まじめな人です
●やや口の悪いところがあります
●頼りにされています
●時間にルーズです
●少しうぬぼれているところがあります
●思いやりがあります
●金銭的には困っていません
●意地悪なところがあります
あなたは、このTさんのことをどう思いますか?
「良い印象」か「悪い印象」かを答えて下さい。











答えはでましたでしょうか。
それでは解説しますね。
まず、Tさんの特徴として4つの長所と4つの短所が出てきました。
【長所】
●まじめ
●頼りにされている
●思いやりがある
●金銭的には困っていない
【短所】
●やや口が悪い
●時間にルーズ
●少しうぬぼれている
●意地悪
この心理テストで「良い印象」と答えた人は
良い点ばかりに目が向いたということです。
つまり、自分自身がポジティブな気持ちでいたり
プラス思考の人間だといえます。
逆に「悪い印象」と答えた人は
悪い点ばかりに目が向いたといえます。
すなわち、自分自身がネガティブな気持ちでいたり
マイナス思考の人間だといえるでしょう。
このポジティブな人は楽しいことばかりに注意が向き、
ネガティブな人はつらいことばかりに注意が向くことを
心理学では「感情一致効果」といいます。
多くの実験結果により、
うつ病の人は一般的な人よりも
悪いことばかり考えてしまう・思い出してしまう
ということが分かっています。
なので、
「自分ばかりに悪いことがおこっている」
「なぜ私だけこんなにつらい気持ちになるんだ」
と感じている人は、今は気持ちが沈んでいるからそう考えてしまうのだと
思い直すことが重要です。
悪いことばかり考えても解決することは少なく、
負のスパイラルに入ってしまうことも多いのです。
このような場合には考えるのをやめるというのも
一つの手です。
別のこと、できればあなたにとって楽しいことに意識を向けることが重要です。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける