うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

ある特定の時期にだけうつ状態になる人、他にいませんか?

kisetu
普段は元気なのに、1年のうちある一定の時期になると気分が落ち込む
ということはありませんか?
もしそうなら、季節性うつかもしれません。
季節性うつは、正式には「季節性感情障害」といって、
季節的に感情が障害を受けてしまう病気です。
この季節性うつですが、
いろんなパターンがありますが夏季うつと冬期うつが代表的なものとなります。
まず夏季うつですが、5月から9月にかけて発症し、
食欲低下や不眠といった症状があらわれます。
夏バテと似ていますが違います。
気持ちの落ち込みがあれば夏バテではなく夏季うつの可能性があります。
一方、冬期うつは10月から3月にかけて発症し、
食欲増強や過眠といった症状があらわれます。
冬眠みたいですがちがいます。
季節性うつはどちらかというと冬期うつが多いといわれています。
いずれの場合も1年の決まった時季だけ思い当たるストレスがないのに
意欲が低下したり精神的に不安定になってしまうというのが特徴です。
季節性うつは妊娠可能な年齢の女性に最も多く見られます。
また、女性のほうが男性より約3倍罹りやすいといわれています。
子どもや年配者が季節性うつになることもありますが、きわめて稀です。
赤道近くに住む人は冬期うつになることは少なく、
赤道から離れるほど冬期うつになるリスクは高まります。
なぜ赤道近くに住んでいるかどうかが冬期うつに影響するのか
明確な原因は不明ですが、日光によって影響を受ける神経伝達物質があり、
そのため日光の照射時間が減る冬になると冬期うつが発症するのではないかと
いわれています。
というわけで、冬期うつの治療には光が有効とされています。
朝起きたらカーテンを開けて日光を浴びる、
ライトボックス(人工光)を浴びることで冬の日照不足を補う
といった治療法です。
もしあなたが特定の季節になると元気がなくなるというのであれば、
太陽の光を浴びて規則正しい生活をするとよいかもしれませんね。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける