うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

汚れが気になるあなた、何度も確認してしまうあなた。それは病気かもしれません

dc2a10fe3fa48fe0dacf45bb0df5b923_s
あなたは「汚れ」を気にしていませんか?
机の上は毎日きれいに拭き掃除する、
休み時間のたびに手を洗う、
他人の箸がついた料理は食べられない、
といったことに思い当たることはありませんか。
もしそうなら、あなたは病気かもしれません。
精神医学の世界では、
汚れを気にし過ぎることは「強迫症状」とされています。
強迫症状とは、
ある考えが何度も頭に浮かぶ、
その考えを振り払うために何らかの行動をしてしまう、
これらを繰り返す状態をいいます。
強迫症状の代表例が二つあります。
一つは「洗浄強迫」といって、
とにかく「汚れる」ことを必要以上におそれてしまう状態です。
はたからみると汚れていないのですが、
本人にとっては汚れが気になり、何度も手を洗ってしまうというのが
その例です。
もう一つが「確認強迫」といって、
ある行為を何度も確認してしまう状態です。
外出時にカギをかけ忘れてしまったのではと
何度も確認してしまうような場合が当てはまります。
このような強迫症状が続いて日常生活にも悪影響が出るようになるのが、
「強迫性障害」という病気です。
この病気のポイントは、
「バカバカしいと分かっているのについ不安を抱き、
その不安をなくすための行動をしてしまう」
ということです。
日本では、この病気は成人の40人に1人の割合で見られるといわれています。
その発症年齢は早く、多くは19~20歳です。
成人患者の30~50%は小児期から青年期に症状が出始めていることが
わかっています。
強迫性障害は、脳内の特定部位の障害や、
脳内の神経伝達物質であるセロトニンなどの機能異常によって
起こるといわれています。
治療法としては、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)や抗不安薬
などによる投薬治療が有効とされています。
その他の治療法としては、暴露反応妨害法というのがあります。
どういうものかというと、あえて自分にとって強迫観念や不快感を
引き起こすものと接しながら、その恐怖や不快感をおさえるための反応を
しないようにすることです。
例えば、手が汚れたと感じていてもすぐに手を洗うのではなく
もう1時間我慢するといった方法です。
ちなみに、強迫性障害は神経症の一種となりますので、
強迫性障害単独では障害年金の支給対象とはなりません。
ただし、強迫性障害で悩んでいる方はうつ病や統合失調症を併発しているこ
が多くあります。
うつ病などの他の精神疾患を併発している場合は強迫性障害でも障害年金を
受給することが可能です。
強迫性障害の人が障害年金の相談を年金事務所にしたとしても、
「強迫性障害は神経症なので障害年金は出ないよ」
と窓口職員が不適切な発言をしてしまうこともあるので注意しましょう。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける