うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

妄想癖のある人への対処法

4013daef9f5348ae596ade4970a5323c_s
妄想って、みなさんどう思います?
「この宝くじで3億円当たるんだ」
「もうすぐ白馬に乗った王子様が私を迎えにくるんだ」
といった妄想であれば問題ないですよね。
誰にも迷惑をかけていないし、ある意味本人も幸せかもしれません。
しかし、
「あの人が私の財布を盗んだ」
「家族に見捨てられた」
「この家は私の自宅じゃない」
「配偶者は偽物だ」
といった妄想ならどうでしょう?
当然困りますよね。
行き過ぎた妄想は病気です。
「認知症テキストブック」によると、
妄想とは「外的現実についての間違った推理に基づく不正な確信」
「患者の知能や文化的背景に一致せず、正しい論証によって訂正できないもの」
と定義されています。
病気としての妄想が発症している場合、
妄想の定義にあるとおり正しい論証によっては訂正できないものですので、
理屈での説得は効果がないばかりか有害であることもあります。
例えば、自分がTOKIOのメンバーだと妄想している人がいたとします。
その人を説得するためTOKIOのライブビデオを見せて、
その人がメンバーでないことを説明しても、
「ちょうどその日はインフルエンザで休んでいたんだ」
などと言われ、効果がありません。
さらに、タレント名鑑などを見せてその人の名前がないことを示しても、
「そのタレント名鑑は偽物だ」
などと、言うことを聞きません。
妄想は、その人にとっては絶対的な真実ですので、
説得は意味のないものなんです。
そのため、その人のためを思ってとった行動が裏目にでることもあります。
先ほど例にあげた財布を盗まれるという妄想ですが、
あなたが財布を見つけてあげてその人に届けたとすると、
あなたが財布を盗んだ犯人だと思われることが多いのです。
そのため、物盗られ妄想の場合は
盗まれたと思っているものを一緒に探し、
一緒に見つけてあげるのが良いとされています。
物の置き場所をいつも同じ所に決めておくというのも良い方法ですね。
妄想のある人への対処法ですが、
本人に不安がない場合や被害的な妄想でなければ、
対処は不要です。
幸せな妄想もあるでしょうから。
しかし、本人や周りの人の日常生活に悪影響を与えるレベルの妄想ですと、
投薬治療が有効です。
薬は、ジプレキサ(オランザピン)、エビリファイ(アリピプラゾール)といった
非定型抗精神病薬が有効といわれています。
また、薬以外にも、会話での対処法としては
「話をずらすこと」
が良いとされています。
妄想を否定しても納得してもらえないですし、
かといって肯定するわけにもいきません。
なので、別の楽しい事の話をしたりする方が
気がまぎれて良いのです。
この妄想性障害ですが、
日常生活を困難にするほど重度のものとなると
障害年金の対象となります。
妄想が原因で仕事ができなくなる、普通の生活が困難になっているなら、
障害年金専門の社会保険労務士に相談ください。
障害年金という経済的援助の相談にのってくれます。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける