うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

アルプラゾラム<商品名:ソラナックス/コンスタン>の効果や副作用について

alprazolamT0.4_2-0001
この記事では、
アルプラゾラム(商品名:ソラナックス/コンスタン)の効果や副作用について解説します。
 
【商品名】
solanax
 
 
●ソラナックス
 
 
 
constan
 
 
●コンスタン
 
 
 
 
【効能】
アルプラゾラムは、ベンゾジアゼピン系抗不安薬で、
気分をリラックスさせたり、不安や緊張感をやわらげたり、
寝付きをよくする効能があります。
主に心身症や神経症に処方されます。
神経症の不安・抑うつに対して有効。
比較的早く効果が現れ、
心身症や自律神経失調症における不安・緊張・抑うつ
及び睡眠障害に対して効果が認められています。
また、うつ病による不安・焦燥感・心気症状を軽減する
効果も認められています。
比較的安全性が高く、依存性もそれほど強くありません。
 
【用法
成人では1日1.2㎎を3回に分けて服用します。
年齢や症状によって服薬量は増減しますが、
増量する場合には1日2.4㎎を限度とします。
高齢者の場合、ふらつきや眠気といった症状が強くなる
おそれがあるため、1回0.4㎎の1日1〜2回から開始し、
1日1.2㎎を超えないようにします。
 
【注意点】
重症筋無力症、急性狭隅角緑内障、HIVプロテアーゼ阻害薬を
服用中の患者には禁忌となります。
身体状態が衰弱している人や高齢者の場合、
鎮静作用、筋弛緩作用が出現しやすいので注意が必要です。
また、用量によってはめまい、眼球振とう、失調が強く表れるので、
服薬量の調整が必要となります。
妊婦に対しては、きわめて慎重投与とし、授乳は回避します。
 
【副作用】
アルプラゾラム(商品名:ソラナックス/コンスタン)は、
比較的安全性が高く、重い副作用はほとんどありません。
しかし、眠気や注意力・集中力の低下、ふらつき、倦怠感、
脱力感といった副作用が認められます。
副作用が現れる場合は、
車の運転や危険な作業は控えるようにしてください。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける