うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

クアゼパム<商品名:ドラール>の効果と副作用について


 
 
 
 
 
この記事では、
クアゼパム<商品名:ドラール>の
効果と副作用について説明していきます。
商品名

 
 
ドラール
 
 
【効能
クアゼパム<商品名:ドラール>は、
主に不眠症の改善に効果があります。
睡眠の質が悪いと、疲れが溜まっていくばかりで、
一日の集中力が落ちて、ストレスを感じます。
そのため、睡眠の質を上げることは、
毎日を充実させるために、必須と言えます。
クアゼパム<商品名:ドラール>は、
早朝覚醒や、熟眠障害に悩んでいる場合は、
かなり役に立ちます。
また、筋弛緩作用が弱いのがポイントです。
筋弛緩作用は、筋肉をゆるくさせるので、
転倒などを引き起こす危険性があります。
ですが、クアゼパム<商品名:ドラール>は、
筋弛緩作用が弱いので、その点で、
安全性の高い薬といえます。
 
用法
不眠症において、通常、成人は
クアゼパム<商品名:ドラール>を、寝る前に
1回15mgまたは、20mを服用します。
症状や年齢にって飲む量は増減します。
1日で服用できる限度量は30mgです。
 
注意点
すでに飲んでいる薬があれば、
服用中の薬を医師に伝えましょう。
また、クアゼパム<商品名:ドラール>を、
服用するときは胃に食べ物が、
残っていないときに飲む必要があります。
ねむけといった症状が出ることがありますので、
自動車の運転などの危険な行為は控えましょう。
クアゼパム<商品名:ドラール>の服用期間中は
アルコールは控えましょう。
薬の効果が強くなり過ぎることがあります。
 
副作用
副作用として、緊張感、不安感を感じたり、
イライラしたり、睡眠障害、混乱、ふらつき、
めまい、倦怠感、興奮して取り乱す、
息苦しさを感じたり、頭痛や頭が重くなる、
集中力や注意力の低下、けいれん、発疹、
かゆくなる、口が渇く、吐き気。
幻覚などの症状があらわれることがあります。
また、長い期間服用していると効き目を感じずらくなることもあります。
医師の指示のもと、用法を守って飲んでいきましょう。
 
 
 
 
 



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける