うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

近所の温泉に行ってきました!

From:宮里竹識
つくば温泉喜楽里別邸より、、
そうだ、温泉に行こう!
なぜこう思ったのか分かりませんが、
温泉に行くことにしました。
できれば近くの温泉でリフレッシュしたいと思い、
一番近くの温泉を検索したところ、
私の自宅から徒歩5分ほどの場所に温泉がありました。
つくばに住んで2年になりますが、
こんな近くに温泉があるなんて知りませんでした。
灯台下暗しというやつです。
そうして行った温泉が、
「つくば温泉温泉喜楽里別邸」
という温泉施設ところです。
露天風呂や炭酸風呂、電気風呂、岩盤浴もあり、
食事処も充実しています。





 
まずは室内着に着替えて
妻と一緒に岩盤浴にいきます。
こちらが岩盤浴コーナー。

 
実は私、岩盤浴は初めてです。
どうしたら良いのか分からず、
とりあえず横になる場所に足を踏み入れたのですが
「アチッ!」
っとなってしまいました。
いや、熱かったんですよ。
こんなところに横になっていたら火傷するって。
そんな風に思っていたら、
「そこはタオルを引いて、その上に横になるんですよ」
と妻が優しく教えてくれました。
知らなかった、
これが岩盤浴か。。。
そうこうして40分ほど岩盤浴をしていたのですが、
気がついたら滝のような汗をかいていました。
毛穴という毛穴から汗が吹き出しているようです。
普段は汗を書かない手や足まで玉のような汗でした。
水分補給しながらでないと
脱水して倒れてしまうほどです。
ですが、1時間の岩盤浴の結果
メチャクチャ体が軽くなりました。
老廃物が体から流れ、
お肌の調子も良くなった感じです。
岩盤浴の後は、
水分を補給して温泉巡りです。
さすがにここからは男女別ですので、
妻とは別行動となり、
私一人で温泉を巡りました。
まず入ったのは電気風呂、
思った以上に電気が強くてビックリです。

背中にピリピリとした刺激が届き、
腹筋に力が入ります。
まるで電気機器で腹筋運動しているみたいな感じです。
 
続いて露天風呂で寝ころび湯です。

その名の通り寝っ転がりながらお湯に浸かるのですが、
体の下半分ほどがお湯に浸かり、
上半分が湯から出ている状態です。
これが意外と気持ち良い。
つい15分ほど寝ころびながらお湯に浸かっていました。
もう日が落ちていましたので、
ライトアップされた露天の景色が最高です。
すごく立派なケヤキが露天内にそびえ立っており、
荘厳な風景でした。
その後全てのお湯を巡り、
温泉から出た後はコーヒー牛乳で水分補給。

 
最後に食事です。
こちらが私が食べた三食うどんと天ぷら。

 
前にいるのが私の妻です。

 
いや〜、満喫しました。
最近忙しすぎてだいぶ疲れが溜まっていたのですが、
温泉に入ってすごくリフレッシュできました。
これで仕事の能率もアップしますので、
ここから障害年金のサポートを
フルスロットルで進めていきますよ!
 



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける