うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

台風被害


From:宮里竹識
世田谷のプライベートオフィスより、、

台風15号が9月9日に首都圏を襲い、
猛威をふるいましたね。

千葉県では最大瞬間風速57.5メートルを記録し、
羽田空港では43.2メートル、
その他の地域でも観測史上1位を記録したところが
数多くあります。

私は台風が過ぎ去った後に
ロードバイクで年金事務所に行ったのですが、
数カ所で街路樹が倒れており、
今回の暴風のすさまじさを感じることができました。

様々な被害が出た台風15号ですが、
私が気になったのは通勤被害です。

朝の8時頃には台風は過ぎ去って
穏やかな天気が戻っていたのですが
駅は大混雑していました。

台風はもう去っているのですから
すぐに電車も動き出すと思いきや、
運休状態が続いています。

その理由は、
線路上に倒木や飛来物が散乱しており、
それらを除去するのに大きな時間と労力が
必要だったからです。

入場規制が入る駅も多く、
午前中いっぱいは混乱状態が続いていました。

こんな感じで駅には人がごった返しています。

 

これを見て私はこう思ったんです。

 

「あ〜、通勤って嫌だな」

 

基本的に通勤時間って、
何も生み出さないじゃないですか。

ほとんどの人はスマホをいじって時間をつぶしているだけ。

ちょっと意識の高い人だと
本を読んだり勉強したりしていますが、
個人的にはもったいないと思ってしまいます。

この通勤時間をそのまま障害年金のサポートに当てられれば
より多くのうつ病で苦しんでいる人を助けられる。

勉強をするにしても、
電車の中で人ごみにもまれながら勉強するよりも、
カフェや図書館へ行って勉強した方がより集中できるのでは。

そんな思いから、
私は自宅側のマンションの一室を借り、
そこで作業することも多いんです。

全国障害年金パートナーズの事務所は秋葉原にありますが、
私の自宅は世田谷の千歳烏山というところです。

通勤には片道40〜50分かかってしまうので、
その時間を有効活用するためにマンションの一室を借り、
プライベートオフィスとして作業してたりするんです。

通勤で疲弊することをなくし、
障害年金のサポートという価値ある時間を
少しでも増やしたいんです。

なので、
今回の台風は私個人には何の影響もありませんでした。

ちなみに、
8月から全国障害年金パートナーズのメンバーになった山崎さんは
通勤に影響が出ていました。

時間的に電車がストップしていましたので
出社できない状態となっていたのです。

そのまま駅で電車が動くのを待たせてしまったら
時間の浪費になってしまいます。

なので、
自宅に戻るか近くのカフェに行って仕事してもらい、
電車が落ち着いたタイミングで出社してくださいと
伝えました。

今後は山崎さんにも
台風などの場合は出社が不要な体制を作っていきます。

通勤という疲弊するだけの時間をなくし、
少しでも多くのうつ病で苦しんでいる人に
障害年金のサポートができるよう頑張っていきますので、
引き続きよろしくお願いします。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける