うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

おからコロッケ


From 山崎純平
府中のカフェより、、

久しぶりに料理をしました。
作った料理が、おからコロッケ。

おからは、「畑のお肉」という別名を持つように、とてもヘルシーな食材です。
食物繊維が豊富で、お通じにもよい食べ物です。

普通のコロッケの作り方は、ジャガイモ、ニンジンを茹でて、お肉を加えて、混ぜればいいと思いますが、お肉の代わりに、おからを加えます。
お肉を使わないから、おからコロッケは、とってもヘルシーで、ダイエットにもオススメだそうです。

では、早速作って行きましょう。
3分クッキングスタート。

①ジャガイモ、ニンジンを茹でます。
②おからをよく混ぜて、俵型に形を整えていきます。
その際、塩胡椒で味をつけておきます。
③衣をつけて、油で揚げて終わりです。

茹でたジャガイモを潰そうとしたのですが、これが、硬い硬い。
火がとっていなかったんですね。
せっかちな性格のため、ちゃんと茹でていなかったんです。
火が通ったことを確認せず、鍋からジャガイモを取り出してしまったんです。
まあ、最後に油であげるからいいか!と気軽に考えていました。

そして、ゴロゴロとした塊のまま、おからと混ぜ合わせました。

よく、「ゴロゴロしたコロッケ」というのがあると思います。
ジャガイモの素材を感じやすいコロッケで、大変美味しいですよね。

急遽、メニュー名を「ゴロゴロおからコロッケ」に変更しました。

ゴロゴロしたせいで、俵型に上手くなりません。

小さいコロッケを作ると時間がかかるので、
適当な性格が出てしまい、生産性を上げるべく、でっかいコロッケを作ることにしました。

スマホくらいの大きさのコロッケが、4個できました。

さて、最後は油に投入です。
きつね色になってきましたので、そのコロッケをフライパンから取り出そうとしたら、
ポロポロと溢れ始めてしまいました。

みるみる、形が崩れ、気がついたら、8個くらいの塊が油に浮いています。
いつの間にか、コロッケの数が増えていました。

すくってみると、油をベチャベチャに吸い込んだ、見るからに
不味そうな、コロッケです。
もはや、コロッケとは言えません。

敗因の分析したところ、
①ジャガイモをよく茹でなかった
②ジャガイモをちゃんと潰していなかった
③コロッケがデカすぎた
でした。

捨てるわけにもいかないので、全部食べました。
ジャガイモがいいん感じにゴロゴロになっていたのですが、
胸やけが半端なかったです。

油を食べているみたいでした。

結局、おからを食べてヘルシーになろうと思ったのですが、
おからの力を遥かに凌駕する、油のせいで、
不健康になってしまいました。

翌朝も、残ったゴロゴロおからコロッケを食べました。
朝から、気持ち悪いです。

ちゃんとジャガイモを茹でていれば、こんなことにはなりませんでした。
次作るときに、この失敗を活かしたいと思います。

料理の失敗を次に活かすことができますが、障害年金の申請はそうは行きません。

失敗は次に活かすことはできません。

あなたに失敗をして欲しくありません。
もし、障害年金の申請をご検討中なら、無料判定をさせて頂き、あなたの取るべき方針や、障害年金が受給できるかどうかを、お伝えすることができます。

お気軽にお問合せ下さい。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける