うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

お年玉は何に使います?


From:山崎純平
草加のカフェより、、

お年玉はいつまでもらっていましたか?
私は、高校生までもらっていました。
いつまでお年玉ってもらえるんでしょうかね?
高校生はアウトですかね?

思えば、小学校からおばあちゃんにお年玉をもらった時は、すべて母親に回収されてしまいました。
貯金に回されていたんですね。

それが当然だと思っていたのですが、大人になって友達に「お年玉は貯金していた?」と聞くと「いや。半分くらいは、トイザラスで使った」と言うではありませんか?

えっ?お年玉って使っていいものなの?
お年玉=母親に回収=貯金
だと思っていたのですが、
お年玉=半分使う+半分貯金

そうなんだ。
自分の中では常識だと思っていたものが、実は必ずしも常識ではなかったっていうことありますよね?
障害年金も同じことが言えるのではないでしょうか?

障害年金は自分は対象にならない・・・と諦めていませんか?
自分では症状が重くないと思っていても、第三者から見ると症状が重いっていうことはよくあります。
お客様とお話をしているときに「自分の症状は他の人と比べたら、重くないと思います。だから障害年金をもらえないですよね?」とご質問される方がよくいらっしゃいます。

しかし、日常生活の状況をお伺いさせていただくと、症状は決して軽くなく、障害年金をもらえるレベルである方が多いです。

あなたも諦める必要はないのです。
あなたが障害年金受給できるかを無料で判定しますので、お気軽にお問合せ下さい。
あなたからのご連絡お待ちしております。

PS:大人になって母親に「お年玉って貯金していたの?」と聞いたら、「全部使ったよ」と言われました。
お年玉=母親のもの




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける