うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

役所の手続きは手間がいっぱい


From:山崎純平
草加のカフェより、、

先日、久しぶりに高校生の頃からの友人(女性)と食事をしました。
その友人がいきなり、愚痴ってきました。

聞いてよ。市役所の手続きってなんであんなに面倒くさいの。
結婚して名前が変わってさぁ、免許書の名前の変更の手続きに行ったら、警察署の事務員から「住民票が必要です。」って言われたよ。
住民票持っていなかったから、「マイナンバーならありますので、それで確認できませんか?」と聞いたら、ダメだって。
マイナンバーで調べられると思うのだけどね。

それで仕方なく、市役所に行って、住民票を取って、再度、警察署に行ったの。
無事に手続きを終えたら、今度は、携帯電話の名義変更があったことに気がついて、予約をして
携帯ショップに行ったんだ。
でも、予約が全然、取れないの。以前に、予約なしで行ったら、3時間も待たされたんだよ。
嫌になっちゃう。
なんとか予約ができて行ったら、そうしたら、また住民票が必要だと言われて、また市役所に行って住民票を取ってきたんだ。

もうクタクタだよ。

手続きって面倒だね。
誰かまとめてやってくれたらいいのに・・・

名前が変わるって、そうあるものではないですよね。
名前が変わるだけで、色々な手続きがあるんですよね。
ネットで調べると、ざっとこんなにあるそうです。

・免許証
・自動車登録
・銀行口座
・クレジットカード
・携帯電話
・年金手帳
・パスポート
・生命保険などの保険関連
などなど。

これは大変ですね。

市役所と行ったり来たりして、必要書類を準備しないといけません。
体も心もクタクタになってしまいますね。

障害年金も同じことが言えます。
障害年金を申請しようと思ったら、年金事務所に何度も足を運んだりしないといけません。
しかも、年金事務所は大変混んでいます。
予約していかないと、何時間も待たされます。
予約なしの場合、受付をしてもらいないこともあります。

年金事務所の方はにも色々な方がおり、丁寧に説明をしてくれる方もいれば、「それくらい言わなくてもわかるでしょう?」というスタンスで接客してくる人もいます。

先日、ご依頼いただいた方から伺った話ですが、年金事務所の人に怒られたという方もいました。
何で怒られたのか理解できなかったということでした。

精神的にお辛い状況なのに、年金事務所に行って、やり取りをするのはとても気の重い作業だと思います。
次第に、「こんなに大変な思いするなら、障害年金の申請をするのやめよう」と思ってしまうかもしれません。

待ってください!
あなたはそんな苦労はしなくていいんです。

そんな時は、私たち全国障害年金パートナーズにご依頼下さい。
年金事務所のやり取りは全て、私たちが行います。

今なら、障害年金の無料判定を実施していますので、お気軽にお問合せ下さい。
あなたからのご連絡お待ちしております。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける