うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

結婚しました。


From:山崎純平
草加のカフェより、、

実は、昨年12月末に無事に入籍をしました。
彼女とは入籍前から、同居をしていたのですが、いざ入籍をしてみると、特に変わらないんですね。
自分では結婚をしたという認識が全くないんです。
周りから、「結婚おめでとう」と言われると、「あっ!私は結婚したんだ」と実感が湧いてくるんですね。

小学生の頃、「結婚」について漠然と考えていました。
美人なお姉さんと結婚をするのだろうとしか考えていませんでした。
はっきり、中身ではなく外見でしか判断していなかったんですね。

またこんな妄想もしていました。
道端を歩いていると、美しい女性が「助けて」といって私に助けを求めて近づいてきました。
よくみると怖い人に追われており、その怖い人を退治して、私はその美しい女性と結婚をする・・・
20代頃まで、本気で思っていました。
妄想は怖いですね。

結婚をすると本当は浮かれる時期なんでしょうが、どうも普段の日常となんら変わらないんですね。
おそらく、現実的なことばかり考えているからだと思うんです。
例えば、結婚したら、お金を貯めなければ行けないとか、子育ては大変だから今から家事の生産性をあげようとか・・・

奥さんから「冷めるわ〜」って言われました。

こんな夫、嫌ですよね?
新婚生活1ヶ月もたっていないのに、新婚感が全くない家庭。
これから、新婚感を出そうと思って、「今日は結婚して1ヶ月目だね」と言う事にしました。
「今日は結婚して●日目だね。」
これを毎日言えば、自分も結婚したんだって思えるのかな?と思ったわけです。
お気づきの通り、奥さんからしたら「うざい」ですよね。

うまくいかないですね。
新婚感出すためにはどうしたらいいのか?日々、試行錯誤中です。

まとめますと、結婚しましたので、より一層、あなたが障害年金を受給できますよう精進します。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける