うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

よくわからないけれど怒っている


From:山崎純平
大宮のカフェより、、

妻が怒っています。

家で妻と話をしているのですが、明らかに態度がそっけないんです。
冷たいんです。

「お昼ご飯でも食べに行く?前、行きたいって言っていた焼肉屋さん行こう」と誘ったのですが、
「行かない。」と一言。

「行く♫」っていう返事が来ることを全く疑いませんでした。
確信があったんです。

妻は、その焼肉屋さんの前を通ると、必ず「焼肉屋さんに行きたい」と言っていました。
私は「今度ね」と適当な返事をしていたんです。
毎回言われると、マインドコントロールされたのでしょう。
「ぜひ、妻をその焼肉屋さんに連れて行きたい」と思うようになったんです(誘導されたんです)。

それで今回、誘ってみたのですが、思わぬ「行かない」の一言。
しかも表情は暗く、明らかに不満な顔をしていました。

なんで怒っているのかよくわかりません。
女心は秋の空というのですが、今は冬です。

よくわからず、ただ、タジタジしていると、彼女がポツンと一言。

「人の話聞いていないでしょう?」
と。

その一言でピーンと来たんです。

実は、1週間前に、彼女が平日休みを取ると言っていたんです。
私にとっては、どうでも良いことだな〜と思っていて、全く気に留めていなかったんですね、

それで今日、妻が「明日休みだからね。」と言った時に、「えっ?そうなの。」と言ってしまったんです。
妻から「前、散々言ったよ。」と。

つまり、私が話を聞いていないことがわかってしまったんです。

ようやく原因がわかり、素直に「ごめん」と謝りました。

許してくれたかどうかはわかりませんが、その後、とりえず焼肉屋さんに行けたので、許してもらえたと解釈しました。

自分に関係のないことって、あまり頭に入ってこないですよね。
脳も自分に関係のある情報だけを拾って、それ以外の情報は無意識に忘れるようにしているのでしょうか。
妻の休日は、私にとって大したことのない情報と判断したんでしょう。

ただし、今回の事件で、きっと

妻の休日=めっちゃ大事

と解釈したことは言うまでもありません。

さて、あなたは今、障害年金というワードが気になっていませんか?
それは障害年金があなたにとって重要なキーワードだからです。

障害年金が受給できれば、あなたは経済的安心を得ることができ、「お金どうなるんだろう」という不安を解消することができます。
お金の不安が解消できれば、治療に専念することができます。

今なら、障害年金の無料判定を実施していますので、お気軽にお問合せ下さい。
あなたからのご連絡お待ちしております。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける