うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

牛乳を飲んでも背が伸びない


From:山崎純平
大宮のカフェより、、

私は身長が180㎝あります。
実は、小学校、中学校まで背の順で一番前でした。
背が小さかったことがとってもコンプレックスでした。

友達と喧嘩をすると、「チビ」と必ず言われます。
私は「デブ」と言い返していました。

友達の方が身長が高いですから、いつも友達から見下されている感じがします。
女子の方が身長が高いですから、女子からも見下されているような感じがしていました。

身長を伸ばすためには、牛乳を飲むしかないと思い込んでいました。
だから、毎日1リットル牛乳を飲んでいました。
夏の日も冬の日も。
冬の日は、学校の給食で、牛乳が大量の残ります。
寒いから飲むのを控える生徒が続出していました。

すかさず、牛乳をお代わりしました。
最高記録は、1回の給食で、5本(1リットル)飲んだこともあります。
お腹を下したというのは想像に難くないでしょう。
お腹は弱かったです。

で、身長の方ですが相変わらず、背が低いままです。
背の順は相変わらず、一番前でした。

高校に入った時に、牛乳を飲むことをやめました。
理由は美味しくないからです。
気がつけば、牛乳を飲む時、鼻をつまんで飲んでいました。
そうです。牛乳が嫌いだったんです。

牛乳を飲むのをやめたてから、身長が伸びました。
半年で20センチ以上伸びたんです。
これは事実です。

牛乳関係なかったんです。
牛乳を飲めば身長が伸びると、巷では言われていますが、私にとっては真実ではなかったようです。
噂だったんですね。
噂に振り回され、嫌いな牛乳をお腹を下してまで飲んでいたんです。

あなたは間違った噂に惑わされていませんか?
その結果、障害年金を諦めていませんか?

精神的な症状で病院に行った日から1年6ヶ月経過をしていれば、障害年金を受給できる可能性があります。
まずは無料判定を受けてみてください。
すぐに結果が出ます。

私たちと一緒に障害年金という経済的安心を得ましょう。

PS:身長にはバスケも関係ないようです。
小学校、中学校でバスケをやっていましたが、身長は相変わらず低いままです。
高校ではバスケをやめて柔道部に入りました。バスケ辞めなければよかったと後悔しています。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける