うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

プロの味には程遠い


From:山崎純平
草加のカフェより、、

あなたは、料理番組が好きですか?
食欲は人間の3大欲求の1つです。

昔からテレビでは料理番組を放映していますね。
料理番組を見ていると、その料理が食べたくなることありませんか?

私はあります!
以前、ある番組で、町の中華屋のチャーハンを紹介していました。
50代くらいのおっちゃんが、中華鍋を振っているのです。
卵を炒めて、ご飯を入れて・・・
あっという間に、チャーハンの出来上がり。

それが美味しそうで美味しそうでたまらないんです。

いきなりチャーハンを出されて食べるより、その「裏事情」を知ってから食べるチャーハンの方が美味しく感じます。

テレビに影響されて早速、お昼にチャーハンを作りました。
中華鍋の代わりに、フライパンを準備して、レッツクッキング。

おじさんをイメージしながら、チャーハンを完成させましたが、味は普通の家庭の味でした。

思い描いていた、あの香ばしいチャーハンとは雲泥の差です。
そりゃそうですよね。

使っている道具が違うんですから。
また、腕をふるっている人のレベルが違うのですから。

相手はその道40年くらいの大ベテラン。
一方で私は、フライパンなんか1週間で1回使うかわからない、料理初心者。

仕方なく素人の作ったチャーハンを食べました。
お腹は満たされましたが、チャーハンへの想いは満たされませんでした。
その夜、町の中華屋でチャーハンを食べました。
これこれ、この味だよ。
大満足でした。

やっぱりプロに任せた方が楽ですし、美味しいですね。

それは障害年金も同じことが言えます。
自分で手続きできるのであれば、その方がいいですが、やはり障害年金の手続きは”非日常”です。
手続きが難解です。一人で行うのは難しいと思います。
大変な思いをして何とか手続きができても、障害年金を受給できるかは別の問題です。

あなたはそんな手間暇をかける必要はありません。
障害年金を熟知した私たちが行います。
一緒に障害年金という経済的安心を得ましょう。

今なら障害年金の無料判定を実施していますので、お気軽にお問合せ下さい。
あなたからのご連絡お待ちしております。

PS:家庭でチャーハンを作ろうと思ったら、味覇(ウェイパァー)がオススメです。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける