うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

今日(2/9)の都知事選、うつ病対策を公約にしている人がいましたね

本日、2/9は東京都知事選挙の日です。
東京都民の方は選挙に行かれましたでしょうか?
まだ雪が残って歩くのに苦労しましたが、先ほど私も選挙に行ってきました。
今回の選挙でうつ病に関することを公約にしている人が一人いましたが、
あなたは気づきました?
スマイルが素敵なあの人です!
うつ病に関する公約の内容は次のとおりでした。
(1)副作用のある抗うつ剤の全面禁止
(2)抗うつ剤の大剤大量投与をしている悪徳精神科院の医師免許剥奪
(3)スマイルセラビー等の精神療法への移行促進と保険適用強化
色々とツッコミどころが満載な公約ですが、
(1)副作用のある抗うつ剤の全面禁止については個人的に反対です。
薬は使い方を誤れば毒にもなりますので、
副作用といったものはある程度は当たり前にあるものだと思っています。
大事なのは効果とリスクについてしっかりと説明を受け、
自分で判断できるということではないでしょうか。
例えば、薬の効果をプラスの点数、副作用をマイナスの点数で表した場合、
次の抗うつ剤の中であなたはどれを選びますか?
①効果100-副作用20=80点
②効果50-副作用0=50点
私なら①の80点の薬を選びます。
スマイルの素敵なあの人が都知事になって副作用のある薬がすべて禁止になったら、
うつ病に効果のある薬が少なくなるのではないのでしょうか?
今のは極端な話かもしれませんが、
そんなの嫌なので私はスマイルの素敵なあの人には投票しませんでした。
オリンピックやら原発やらが今回の都知事選の争点として取りざたされていましたが、
少し別の角度から話をさせてもらいました。
※個人の政治的意見の表明になってしまったので、選挙が終わった時間に記事を投稿させていただきました。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける