うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

うつ病者が人の悪意のある場所に近付くのは危険です!

tobiori
From:宮里竹識
笹塚のEXCELSIOR CAFEより、、
2014年12月4日、南アフリカのヨハネスブルグで
いたましい事故がありました。宮里竹識の写真
ヨハネスブルグの中心部、ビルの6階窓口から赤いシャツにジーンズ姿の
男性が出てきました。
時間は午後5時、仕事帰りの人々が見守る中、
男性は聖書の一節を群衆に語り出し、
ビルから飛び降りたそうです。
警察や救急隊が駆けつけたものの時すでに遅く、
残念ながら男性は死亡してしまいました。
この報道で私が注目したのは、
野次馬の中に「ジャンプ!ジャンプ!」と叫んでいた
人たちがいたことです。
目撃者の話によると、
野次馬の「ジャンプ!」という言葉の後に
男性は飛び降りたそうです。
うつ病などの精神疾患を患っている人は
絶望的な気持ちになっていることがあります。
そのような人に対して”ジャンプ”をけしかけるような言葉を発する人がいる
というのは悲しいことです。
しかし、このように人の不幸を喜ぶ人や悪意をぶつける人は
少なくありません。
特に匿名で発言できる場では、この傾向が顕著になります。
身近なところでいうと、インターネットの掲示板です。
2ちゃんねるやYahoo!掲示板・知恵袋といったものが有名ですね。
これらインターネットの掲示板は匿名で発言ができるため、
悪意のある言葉が至る所にあふれています。
このような悪意ある言葉を真に受けていても、つらいだけです。
うつ病で障害年金を考えている人がよくネットの掲示板に質問していますが、
かなりの確率で”うつ病は甘え”、”不正受給しないで働け”などと
誹謗中傷されています。
このような考えは明らかに間違っていますが、
他人の否定ばかりしている人に対して間違いを正そうとしても無駄です。
自分が正しいと本気で思っていたり、
他人を攻撃することそのものが目的だったりするので
そんな人は相手にしない方が無難です。
というより、否定的な言葉や悪意ある言葉がある場所には
近寄らないようにすることが大切です。
掲示板の情報なんて間違いだらけなので、
どうせ見るなら障害年金専門の社労士事務所のホームページを見ましょう。
掲示板よりも有益で正しい情報がありますよ。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける