うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

お金儲けは悪いこと?

From:宮里竹識
下北沢のスタバより、、
今日もスタバでコーヒーを飲みながら記事を書いています。
下北沢のスタバはもはや常連となっていますので、
店員さんにも「いつもありがとうございます」なんて
言われてしまいます。
少しこっぱずかしいですね。
私がよくカフェで仕事をするのは
その方が捗るということもありますが、
周りの人の話が面白いというのもあります。
カフェという場所がら、
近くの席の人の話し声が聞こえてくるわけです。
今日は隣の席の中年男性と若い女性がお金の話をしていました。
何だかんだ言って、人間はお金が好きな生き物です。
でも同時に”お金儲けは卑しいこと”というイメージも
もたれています。
でも隣の席の男性はまったく違う考えをもっているようでした。
細かい表現は覚えていませんが、
概ねこんなことを言っていました。
●金儲けは悪いことではない
●儲けたお金を社会に循環させることで、みんながより良い生活をできるようになる
●お金持ちはたくさんの税金を払っている
私はこの男性の考え方に完全同意です。
私自身お金儲けを考えながら仕事をしています。
経営者ですから当然です。
私たち全国障害年金パートナーズが行う障害年金サポートの報酬は
日本で一番高い水準にあります。
機会があれば更に報酬を上げたいとすら考えています。
ただし、その前提として報酬の何倍もの利益をお客さんに提供します。
うつ病の障害年金は自分で手続きすると不適切な書類を提出してしまったり、
あまりの大変さに途中で断念してしまうことがあります。
その結果、本来受け取れるはずの年金額よりも少ない年金額になったり、
もらえるはずの年金が不支給になってしまうケースもあるのです。
そのような人たちを私はサポートしています。
その結果、年額58万〜250万程度の年金を受け取る権利を
手に入れることができた人が多数います。
障害年金は一定の障害状態が続いていれば継続して受け取れますので、
受け取れる年金のトータルは1千万円を超える人だっています。
このように、得られた経済的利益と比べると
私たちの報酬なんて小さなものです。
同じように考えてくれる人からの依頼が多いので、
私も助かっています。
高い報酬ながらもそれ以上の結果を提供していきますので、
今後とも全国障害年金パートナーズをよろしくお願いします。
もちろん、お客さんから受け取った報酬のいくらかは
税金として収めることで社会に還元していきます。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける