うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

うつ病患者がフットサルチームを組んで回復を目指しています!

From:宮里竹識
下北沢のオフィスより、、
2016年7月7日の徳島新聞WEB版で、
興味深い記事がありましたので紹介します。
うつ病患者らフットサルチーム 徳島県内で回復目指す取り組み
記事によると、
うつ病や統合失調症の患者らにフットサルに参加してもらい、
病気の回復を促す取り組みが徳島県内で行われているというものです。
現在約30人の精神障害者がフットサルに参加し、
汗を流しているそうです。
「フットサルを始めて、性格が明るくなったように思う」
とコメントする統合失調症の男性もいました。
フットサルを行うことによって適度な運動ができるだけでなく、
メンバー同士の意思疎通、試合に勝つという共通目標をもって
活動できることもうつ病改善には有効だと思います。
うつ病者が一般のフットサルチームにいきなり入るのはハードルが高いので、
徳島で行われているようにうつ病者等の精神疾患者向けの
フットサルチームが各地で作られるといいですね。
私も中学生の頃は夜のグラウンドで友達同士で
夜な夜なサッカーをして楽しんでいました。
サッカー部でもなんでもないメンバーでやってましたので
皆下手くそだったかもしれませんが、
とても楽しかったです。
夜のグラウンドで昭明のない状態でプレイしていたので、
ボールを時折見失っていました。
高校入試が近くなって勉強に集中するため、
夜間サッカーは止めざるを得ませんでしたが
良い思い出です。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける