うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

「やる気スイッチ」が本当に開発されるかも!?

From:宮里竹識
研究学園のスタバより、、
「やる気スイッチ」
ってあなたも聞いたことありますよね。
大手の塾がテレビCMなんかで流してますね。
こんな感じのCMです。
 

 
この「やる気スイッチ」が
医学的にも解明されつつあるようです。
というのも、
慶大医学部精神・神経科学教室の田中謙二准教授を中心とした研究グループが
「意欲」にまつわる研究結果をまとめた論文が、
科学誌『Nature Communications』に掲載されたからです。
この論文によると、
正常なマウスと遺伝子改変マウスを用い、
レバーを押すとその分だけ得られるエサが増えるという課題を
マウスに与えたそうです。
その結果、
意欲の発言に関わる脳内の細胞が
特定されたということです。
今後研究が進めば
意図的に「やる気」をコントロールできるようになるかもしれません。
これは、うつ病で意欲を失っている人にとっては朗報です。
うつ病の症状によって意欲が低下していても、
簡単にやる気スイッチを入れることができるのです。
ただ、
”誰でも簡単に”やる気スイッチを入れられるようになると
それはそれで問題になるかもしれません。
なぜなら、
簡単にやる気になれる世の中になれば、
すべてのことでやる気スイッチを押すことを
求められるおそれがあるからです。
学校での勉強や会社での仕事など、
起きている時間のすべてがやる気に満ちあふれる世の中。
自分からやる気になっているならともかく、
とくにやりたくないことも無理矢理やる気にさせられる、
これって苦痛じゃないですか?
そういう生き方、私はいやですね。
もっとのんびりしたいです。
頑張ることも必要ですが、
頑張らないことも大切です。
メリハリが重要です。
というわけで、
もし「やる気スイッチ」が開発されたとしても、
医療目的に限定するとかしてほしいですね。
あなたなら「やる気スイッチ」をどう使いますか?



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける