うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

抗うつ薬が効かない人へ朗報!?セロトニン3型受容体刺激による新たなうつ病治療!

From:宮里竹識
秋葉原のオフィスより、、
うつ病になったときに最初に行う治療が
抗うつ薬を処方するというものです。
しかし、
SSRIなどの抗うつ薬はその効果が実証されてはいるものの、
実際にうつ病が寛解する人は半数にも満たないと言われています。
それだけうつ病の治療が難しいということですが、
大阪大学大学院医学系研究科の近藤誠准教授、島田昌一教授らの
研究グループが、うつ病の新たな治療メカニズムを発見しました。
研究グループは、
セロトニン3型受容体に注目してマウスの脳を解析し、
セロトニン3型受容体を刺激すると抗うつ効果が見られたということを
明らかにしました。
【セロトニン3型受容体とは】
セロトニンは脳内の神経伝達物質の1つで、
うつ病などの精神疾患の病態に関わっていると考えられています。
セロトニンが結合し、セロトニンの刺激を受け取る部位をセロトニン受容体と
呼び、現在、セロトニン受容体は、1型~7型受容体までの7種類に
分類されています。
セロトニン3型受容体は、その1つです。
 
しかもこの方法は、
SSRIによる抗うつ作用とは異なる
新しいうつ病治療のメカニズムだということです。
つまり、
これまでの抗うつ薬では効果がなかった人であっても、
この新しい方法を用いればうつ病が改善する可能性があるのです。
この新しい方法はまだマウスでの実験段階ですので、
実際の医療の現場で使われるようになるまでは
時間がかかるでしょう。
しかしこの方法が実用化されれば、
まずは抗うつ薬を処方して効果があるかをみて、
効果が感じられなければセロトニン3型受容体を刺激するという
新しい手法でうつ病改善を目指すことができるようになります。
うつ病で苦しむ人が少しでも減るよう、
この研究が進むことを願っています。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける