うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

うつ病者に特徴的なインターネットの使い方


6bac08fa789714b72d45463a42ef68b0_s
うつ病の傾向のある人は健康の人とは違ったインターネットの使い方をする
ということを、ミズーリ大学のSriram Chellappan助教授が発表しました。
助教授らは216名の大学生から1ヶ月分のインターネットに関する情報を集め、
同時に大学生らにうつ病の傾向があるかどうかのテストを行いました。
これにより得られたデータを分析したところ、
うつ病の傾向がみられる学生は他の学生とは違い、
メールをしているかと思えばゲームをしたり、急にチャットに参加したりと
インターネットをよりランダムに使う傾向にあるということが分かりました。
助教授は、うつ病の特徴の一つである集中力の欠如から
このようなインターネットの使い方をするのではないかと
分析しています。
また、うつ病の傾向にある学生のインターネットの使い方には
次のような特徴があるということも報告されました。
●必要以上にファイル共有サービスを利用している
●複数のアプリケーションを行ったり来たりしている
●頻繁にメールやチャットをする
●オンラインゲームや動画に関連したアプリケーションを過度に使う
このようにインターネットを使っていたからといって
すぐさまその人は鬱病だと判断されるわけではありません。
しかし、うつ病の人は集中力が続かず一つの作業を継続できないことが多い
というのは何となく理解できます。
実際、私の妻がうつ病だった頃、
一つの作業が長続きできず、すぐに別のことをはじめたり
疲れて頻繁に休憩するといったことがありました。
私自身、疲れているときなどは作業中に別のことを
はじめてしまうことがあります。
インターネットをランダムに使っているかどうかで
うつ病を判定できるとすると、
うつ病の傾向にある人はパソコンを使っているだけで判別できますので、
判定ソフトなんかもできそうですね。
そんなソフトが出たらうつ病のチェック以外にも
疲れや集中力を把握するためにも使ってみたいです。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける