うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

クロチアゼパム<商品名:リーゼ>の効果と副作用について

 
スクリーンショット 2017-01-26 18.13.35
この記事では、クロチアゼパム<商品名:リーゼ>の効果と副作用について解説します。
 
商品名】

 220px-Rize   
 
 
 リーゼ

 
 
 
 
 
効能
クロチアゼパム<商品名:リーゼ>は、ベンゾジアゼピン系抗不安薬で、
緊張や不安を和らげるといった効果があります。
心身症における睡眠障害・緊張状態・抑うつや自律神経失調症における
肩こりや食欲不振、高血圧症における自覚症状の改善に効果がみられます。
このクロチアゼパム<商品名:リーゼ>は作用が弱めで比較的軽度の
心身症の方によく使われます。
またストレスを軽減させるため、麻酔前投薬にも使用されています。
本剤は他の薬に比べ効果が弱いため、軽い症状の方や高齢の方に処方されます。
副作用も比較的軽いので安全性が高いとされています。
依存を心配される方も同じ抗不安薬の
エチゾラム<商品名:デパス/パルギン/デゾラム>に比べると、
依存性はかなり低いです。
上記のような理由から、軽度の症状の方にはクロチアゼパムを
使用することが多いです。
効きやすさに個人差があり、即効性もあり、
すぐに効果が期待できます。
持続時間は大体3~5時間程度になります。
このことから、薬を使用することに対して、抵抗がある方も
安心して使用できるでしょう。
 
【用法】
症状の程度に応じて心身症や神経失調症の場合は、通常5~10mg、
麻酔前投薬の場合は通常10~15mgを3回にわけて服用します。


【注意点】
催眠作用が低く比較的安全性が高いので高齢の方や軽い症状の方に
処方されている薬ですが、
その裏返しで重い症状の方には元々の効果が弱いため、
状況によっては薬剤を変えるケースもあります。
また、服用する期間はアルコールは控えましょう。
そして服用した際、集中力や注意力が低下することがあるので
運転など危険な行為は避けるべきでしょう。

重症筋無力症の患者や急性狭隅角緑内障の患者
には禁忌とされています。

カフェインが含まれる飲料水、
緑茶やコーヒーは本剤の効能を弱める場合があります。
注意して使用すれば、身体にさほど負荷をかけない薬ですので、
安心して使用できるでしょう。
 
【副作用】
クロチアゼパム<商品名:リーゼ>は副作用の発症頻度は低く、
安全性の高い薬といわれています。ただし個人によっては、眠気や、

口の渇きやふらつき、倦怠感といった副作用が出ることもあり、
注意が必要になります。

副作用がある場合、放っておかずに
必ず医師に相談をしましょう。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける