うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

タンドスピロン <商品名:セディール>の効果や副作用について | 社会保険労務士事務所 全国障害年金パートナーズ


1129008F3031_004
この記事では、
タンドスピロン<商品名:セディール>の効果や
副作用について解説します。
 
商品名
1129008F1039_000
 
 
セディール
 
 
 
効能
心身症における緊張感、焦燥感、睡眠障害や
本態性高血圧症、自律神経失調症などの身体症状
などを改善する効果があります。
タンドスピロン <商品名:セディール>以外の、
ベンゾジアゼピン系抗不安薬によくみられるふらつきや、
眠気といった状態が軽減されていることが
この薬の大きな特徴でしょう。
そのため、骨折の原因となる転倒などのリスクも
比較的抑えられるため、
安心して使用できます。
 
用法
通常、成人は、1日30mgを3回に分けて服用します。
高齢の方は少ない量の15mg程度の服用から始めることが望ましいでしょう。
症状や年齢によって服用する量は多少増減しますが、
個人の判断で中止したりはせずに
必ず医師に相談して、用量を調整しましょう。
服用する量だけではなく、服用する期間や服用する時間についても
医師のアドバイスを参考にしましょう。
 
注意点
安全性が高く、眠気などをほとんど感じないため、
服用した感じがあまりしないと感じる患者もいます。
効果の表れ方も、
このタンドスピロン <商品名:セディール>は
他のベンゾジアゼピン系統の薬に比べ、緩やかです。
そのため、数週間かけて、ゆっくり治していきたい方には
ぴったりな薬となるでしょう。
肝機能の障害や、腎臓の疾患など
厳重な注意が必要とされる患者や
前に、この薬を服用したことによって
体調に問題が起きたことがある場合は
必ず医師に相談をしましょう。
アルコールも控えることが望ましいでしょう。
また、薬の使用中に
他の薬を服用しなければならないときは、
必ず医師に相談しましょう。
 
副作用
副作用がほとんどみられないため、安全性が高いと言われている薬です。
ですが、人によっては
脱力感や倦怠感があらわれることもあるようです。
口の渇き、集中力、注意力の低下といった症状がでることもあります。
このため運転などの危険が伴う作業は控えましょう。
また薬の効果がでるまでに時間がかかることがあります。
そのため服用を自分の判断でやめたりせず、
必ず医師の方に相談しましょう。
発疹などのアレルギー症状がおこることがあります。
こういった症状があらわれた場合は、すぐに医師に相談してください。
とはいえ、総合的に見ても
セディールは副作用の非常に少ない薬と言えるでしょう。




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!