うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

ジアゼパム<商品名:ホリゾン/セルシン>の効果や副作用について

 
1124017F2194
 
この記事では、
ジアゼパム<商品名:ホリゾン/セルシン>の効果や
副作用について解説します。
 
商品名
7871_1_w280
 
 
ホリゾン
 
 
 
 
 
 
fba0174d
 
 
 
セルシン
 
 
 
 
効能
ベンゾジアゼピン系の薬で神経症やうつ病、
心身症などの症状の改善の効果があります。
筋肉の緊張をやわらげたり、けいれんを抑える効果も
あわせもっています。
ジアゼパムはベンゾジアゼピン系の薬で副作用が少ないため、
安全性が高いこともあり、高齢者の方まで幅広く使用されています。
さらに不眠症や更年期障害、統合失調症などに対しても改善が期待できます。
 
【用法】
成人の緊張状態・不安・うつ状態に対して
1回2〜5mgを1日2回から4回に分けて服用する。
その際に外来患者は原則として1日に服用する量を15mg以内とします。
けいれんの症状がみられる患者に使用する場合は、
成人の場合、1回2〜10mgを1日3回から4回に分けて服用します。
 
【注意点】
安全性が高いとはいえ、
日常生活の中のちょっとした出来事に対しての薬の使用はとても危険です。
癖になってしまうケースもあるようです。
医師の診断のもと、決められた容量を守って服用しましょう。
重症筋無力症の患者や急性狭隅角緑内障の患者の服用は禁忌となります。
本剤を使用すると,眠気や,集中力、注意力の低下が起こることがあるので、
自動車の運転など危険性のある行為は行わないようにしてください。
また服用している期間の途中で自身の判断で使用を中止してしまうと
不安感や、不眠、いらいらするなどの症状がみられることがあります。
面倒だとは思わず、
必ず医師に相談しましょう。
服用中はアルコールを控えることが望ましいでしょう。
 
副作用
ジアゼパム<商品名:ホリゾン/セルシン>はベンゾジアゼピン系の薬で
依存度が低く、安全性が高いという特徴があります。
副作用はほとんどみられません。
注意力や集中力の低下、眠気を感じたり、
倦怠感などがみられます。
もちろんまったくないというわけではないですが、
ほとんどの場合心配はいらないでしょう。
比較的多くみられる症状としては、脱力感、ふらつき、倦怠感、などです。
車の運転などの危険な作業は控えましょう。
服用量を適切にコントロールする必要があります。
 



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける