うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

ロラゼパム<商品名:ワイパックス>の効果と副作用について | 社会保険労務士事務所 全国障害年金パートナーズ


 
imgres-2
 
 
 
 
 
この記事では、
ロラゼパム<商品名:ワイパックス>の
効果と副作用について解説していきます。
 
商品名
 
images-1
 
 
ワイパックス
 
 
 
効能
ロラゼパム<商品名:ワイパックス>はベンゾジアゼピン系統の
薬です。
心身症における緊張、不安感や抑うつ、
心臓神経症、自律神経失調症といった体に表れる症状に加えて、
神経症における緊張、不安感、抑うつに対しての改善の効果があります。
ロラゼパム<商品名:ワイパックス>のポイントは
肝臓に比較的負担をかけない薬なので、
肝臓に障害を抱えている場合でも使いやすいところでしょう。
 
【用法
通常、成人は1日1〜3mgを2~3回に分けて服用します。
ですが、心身症における心臓神経症、自律神経失調症といった
体に表れる症状に対するのと、神経症における緊張、不安感、
抑うつといった症状では飲む量は違ってきます。
このように症状、年齢により薬の量は変わってくるので、
必ず医師に相談して、指示をもらいましょう。
 
注意点
急に薬を飲むのをやめると、不安感、イライラ、睡眠障害、けいれん
などの症状が出ることがあります。

重症筋無力症の患者、急性狭隅角緑内障の患者や
前にこの薬を飲んで、かゆみや発疹などのアレルギー症状
が起きたことがある場合、禁忌となります。

体が衰弱している場合、慎重に服用しましょう。
薬の服用中は、アルコールは控えましょう。
薬の効き目が強くなりすぎることがあります。
体が薬に慣れていって、同じ量では効かなくなってきて飲む量を
どんどん増やすのは危険です。
勝手に飲む量を増やすと依存してしまう危険性があります。
医師の指示した薬の量は必ず守るべきでしょう。
日常生活のなかの些細な不安感やイライラを抱えるたびに
使うのは控えましょう。
医師の診断のもと、ちゃんとした治療を目的に使いましょう。
この薬の使っている最中に、他の薬を飲まなくてはならないときは、
医師に必ず伝えましょう。
 
副作用
眠気やだるさ、食欲不振、口の渇きなどを感じることがあります。
ふらつきがでてしまい、転倒の危険性もあるので、注意しましょう。
また、注意力、集中力、運動能力の低下といった症状が見られること
がありますので、自動車の運転といった危険を伴う行為は控えましょう。
 
 




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!