うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

ロフラゼプ酸エチル<商品名:メイラックス>の効果と副作用について | 社会保険労務士事務所 全国障害年金パートナーズ


 
imgres-1
 
 
 
 
 
この記事では、ロフラゼプ酸エチル<商品名:メイラックス>の
効果と副作用について解説していきます。
 
商品名
メイラックス錠1mg(Meiji_Seika_ファルマ株式会社)
 
メイラックス
 
 
 
効能
ロフラゼプ酸エチル<商品名:メイラックス>は、
ベンゾジアゼピン系統の薬で、
心身症における緊張、不安感、睡眠障害、抑うつ、
身体への症状としてみられる
自律神経失調症、過敏性腸症候群や、慢性胃炎、
胃潰瘍、十二指腸潰瘍に対して改善の効果があります。
また、神経症における緊張、不安感、睡眠要害、
抑うつに対して効果が見込めます。
睡眠作用が強いです。
緊張や不安を徐々におさえて気持ちをおちつかせてくれます。
ロフラゼプ酸エチル<商品名:メイラックス>は
他のベンゾジアゼピン系統の薬と違い、
筋弛緩作用が弱いところがポイントです。
筋弛緩作用は筋肉の緊張をほぐす効果のことを言います。
筋肉の緊張をほぐしていくということはふらつきや転倒のリスクが
高くなります。
転倒は、頭の打ち所が悪く寝たきりの生活になってしまったり、
骨折したりなどという危険性が潜んでいます。
しかし、ロフラゼプ酸エチル<商品名:メイラックス>は
筋肉をほぐす効果が弱いため、ふらつきや転倒などの
危険性が少ないのです。
 
【用法
通常、成人は1日2mgを1〜2回に分けて使用します。
また、症状や年齢に応じて薬の量は変わっていきますので、
必ず医師に相談しましょう。
 
注意点
肝機能の障害の、心臓の疾患の、脳に器質の障害、心臓の疾患、
腎臓に疾患を抱えている方は慎重に服用しましょう。
重症筋無力症の患者、急性狭隅角緑内障の患者、
前にこの薬で過敏症を起こしたことがある場合は禁忌となります。
服用期間中に急に飲むのをやめると、
焦燥感、けいれん、不安感、睡眠障害などの
症状がでることがあります。
自分の判断ではなく、
医師の指示のもと飲むのをやめましょう。
服用中はアルコールを控えましょう。
アルコールによりロフラゼプ酸エチル<商品名:メイラックス>の
効果が強くなってしまいます。
また、集中力、注意力の低下や眠気といった症状がみられることが
あるので、運転などの危険な行為は控えましょう。
たくさんの量を飲むと依存する心配があります。
薬を飲むときは医師の指示に従って、
飲む量をコントロールする必要があります。
 
副作用
眠気、集中力の低下、めまい、ふらつき、倦怠感、口の渇き、食欲不振
などの症状が表れることがあります。




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!