うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

インフルエンザになってしまいました(泣)


From:宮里竹識
つくばの自宅より、、
何かがおかしい、
そう思いながら仕事をしていました。
いつもならハイスピードで脳が回転するのですが、
今日は何だか頭がぼんやりしています。
そんな日もあるかと思って仕事していたのですが、
夕方になって寒気や頭痛といった症状もひどくなっていきました。
熱を測ってみると39度を超えていました。
これはアカン。
すぐにベッドに入ってお休みです。
次の朝、
症状はよくなるどころか悪化していました。
体温を測ると、なんと39.9度
これは風邪を引いてしまったなと思い、
近くの病院に行きます。
めっちゃ混んでいましたが、
みんな体調悪くてきているので
私だけ先にしてくれなんて言えません。
大人しく自分の順番がくるのを待つことにします。
1時間ほど待った後、私の名前が呼ばれました。
念のためインフルエンザの検査をしましょうといわれ、
綿棒を鼻の中に突っ込まれて検査が行われます。
数分後に検査結果が出たのですが、
「インフルではありませんでした」
と言われます。
ホッとしてさらに順番待ちをして、
医師と話をします。
そこで開口一番医師から言われた言葉が、
「インフルエンザですね」
というものでした。
!!!
さっき検査の結果インフルではないと言われたんですが〜、
そんな感じのことを言ったのを覚えています。
すると医師は、
「最初は検査結果が陰性だったけど、時間が経つと陽性になってたのでインフル確定です」
!!!!
人生初のインフルです。
これまでインフルエンザにかかったことはなかったのですが、
ついにインフルデビューを果たしてしまいました・・・。
残念。
最低5日間は外出禁止と医師に言われてしまいました。
病院を出てすぐに薬局に行き、
インフルに効く粉薬をその場で吸引します。
プラスチックの容器に薬が入っており、
息を大きく吸って薬を吸引します。
肺の機能が落ちていてうまく薬を吸えませんでしたが
何度か試してようやく薬を吸引できました。
その後は自宅でひたすら寝る生活です。
トイレ以外には部屋から出られず、
テレビも見れずに寝て過ごす生活が数日続きました。
完全に嫁に監禁されていましたね。
この間は仕事もほとんどできませんでしたので、
電話にも出れませんでした
(これはいつもか・・・)
メールも大量に溜まっており、
未読のメールが100件を超えてしまいます。
それでも休むことが大切だと思い、
療養に専念です。
その結果、
無事に熱も下がり完全復活しました!
このブログやメルマガが公開される頃には元気に動き回っていますので
ご安心ください。
これからもうつ病で苦しんでいる人に
障害年金という経済的安心をお届けしますので、
引き続きよろしくお願いします!




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!