うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

カフェで人間観察

From:宮里竹識
新宿のベローチェより、、

私はカフェが好きです。

一番好きなのはスターバックスですが、
カフェ巡りが趣味なので
いろんなカフェで仕事しています。

障害年金の打ち合わせや書類作成なんかは事務所で行いますが、
記事作成や情報収拾といったことはカフェでやることが多いです。

集中して作業していると周りの音は聞こえなくなりますが、
のほほんとしていると周囲の声が耳に入ってきます。

見知らぬ人たちの人間模様が面白いのです。

ブログ記事を一つ書き上げた後、
ほっと一息ついているときに隣の席のカップルが目に入ってきました。

歳は20代前半でしょうか、
美男美女のカップルです。

女性は白のセーターでロングヘアの清楚系美女で、
男性の方は紺のジャケットで清潔感のある感じです。

モデルのカップルかと思うほどでした。

そしてそのカップル、
ラブラブ度合いが半端ないです。

小さな丸テーブルに向かい合って座っているのですが、
座っているのにずっと手を繋いでいます。

お互い前のめりになって座っており、
顔の距離も近い状態で話しています。

もう相手以外見えていないんじゃないかという感じです。

女性の薬指には輝く指輪がはめられています。

新婚さんかな〜、
仲が良いのはいいことだ〜、
なんて考えていたらちょっとした事件に気づきました。

女性の方は薬指に指輪があるのですが、
男性側は指輪をしていません。

これはどういうことか?

たんに男性側が指輪を忘れただけかもしれません。

もしくは男性はダイエットに成功してすらりとした体型を手にした代償に
指のサイズが指輪と合わなくなってしまったのかもしれません。

はたまた、二人は夫婦ではなく大人の事情のあるカップルなのか・・・?

とまぁ、
そんな感じで隣のカップルをネタに色んな想像をはたらかせていたのです。

「真実はいつも一つ!」
とか
「謎は全て解けた!」
なんて言って推理をしたいところですが
私はそこまで名探偵ではありません。

ちょっと人間観察を楽しんでいるだけです。

しかし、
何かを見つけてはその背景にあるものを考えるということを日々やっていると
障害年金の業務にも役立ってくることもあるんです。

あなたも知ってのとおり、
うつ病での障害年金はとても難易度が高いです。

人によって症状や生活状況などが異なるため、
手続きに必要な書類が異なりますし、
同じ書類でも書くべき内容・書いてはいけない内容も変わってきます。

私たち全国障害年金パートナーズは
依頼を受ける前に2時間ほど打ち合わせをしてお客さんの状況をヒアリングするのですが、
ヒアリングで得た情報をまとめるだけでは障害年金には届かないのです。

得られた情報から背景を想像し、
障害年金受給のための仮説を立てて検証していきます。

お客さん側の情報だけでなく、
審査を行う日本年金機構側の思考も考慮して
書類を作っていくのです。

「お客さんが話してくれたこの情報、
障害年金受給のために有益なことだけど、
伝え方を誤ってしまうと役所はマイナスの評価をしてしまう、
だから申立書の表現をこうしてみよう」

こんなことを瞬時に考えていくのです。

超個人情報のため具体例は出せませんが、
普通の社労士さんがやらないことを私たちはやっています。

それが障害年金受給という結果につながり、
依頼を受けきれなくて月の後半には順番待ちしてもらう
という状況につながっているのです。

もしあなたがうつ病で苦しんでおり、
1年6ヶ月治療を続けても治らず仕事もできない状態なら、
障害年金を受けられる可能性があります。

障害年金の審査に通れば
年間58万〜250万円ほどの金額が受け取れますので
あなたの経済的不安はかなり解消されるはずです。

貯金がどんどん減っていくという恐怖から解放され、
療養に専念して社会復帰を目指したいのなら、
ぜひ全国障害年金パートナーズに受給代行を依頼してください。

 



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける