うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

妻の第六感が凄すぎる!

From:宮里竹識
秋葉原のオフィスより、、

あなたは第六感って信じますか?

ちなみに第六感とは、
基本的に、五感以外のもので五感を超えるものを指しており、
理屈では説明しがたい、鋭くものごとの本質をつかむ心の働きのことをいいます。

一般的には
ヒトの視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の五感以外の感知能力をいいます。

そんなちょっと怪しい第六感ですが、
うちの妻がすごいのです。

それはある日の夜のできごとです。

その日私は原宿で生放送番組に出演しており、
出演メンバーで打ち上げを行なったことで
帰宅したのは23時50分頃になっていました。

遅い時間にも関わらず妻は待っていてくれ、
「生放送お疲れ様」
と声をかけてくれます。

さらに、
私が疲れているであろうことを予想して
糖分を補給するためにケーキと
オレンジやキウイといったフルーツを用意してくれました。

いつもながら妻の気遣いに感謝です。

それからその日の放送の雑談をしたんです。

妻も生放送を見ていて、
「司会の寺本さん、冗談も面白くて素敵だね」
なんて言ってきます。

そうやってしばし雑談に華を咲かせていたのですが、
気づけは時間は12時30分を回っていました。

次の日も障害年金の打ち合わせがあったので、
今日のところはこれまでにし、
着替えて寝ることにします。

私が寝巻きに着替え、
先ほどまで着ていた服を妻に渡したときです。

妻がいきなりこんなことを言ってきました。

 

「打ち上げの2次会はカラオケだったの?」

 

!!!

めちゃくちゃビックリしました。

夜の11時過ぎまで打ち上げをやっていたので
2次会というのはなく解散しました。

でも、実は生放送の集合時間前にカラオケに行っていたのです。

というのも、
私は声がさほど大きいタイプではないので
普通に話をするとマイクに声が届かずに
放送を見ている人に私の声が小さく聞こえるかもという心配があったのです。

なので本番前にカラオケに入り、
何曲か歌って発声練習をして生放送に臨んでいたのです。

「リンダリンダ〜♬」なんて叫んでいたのです。

でもそんなことは妻には言っていません。

にも関わらず、
妻にカラオケに行ったことを当てられてしまったのです。

あまりの衝撃にしばらく動揺してしまいましたが、
「なんでカラオケ行ったことが分かったの?」
と妻に聞いてみます。

すると妻はしたり顔でこう答えます。

「あなたからカラオケの匂いがした。あと第六感」

カラオケの匂いってなんだ?
と思いましたが、
第六感というのはすごいですね。

鈍感な男性には理解できない世界です。

直感の鋭い女性というのはおそろしいですね。

私の妻なんかとくに違和感や変化に気づくので、
悪いことはできないですね。

 

さて、
第六感という理屈では説明できない感覚を妻がもっているという話をしました。

私生活ではナマケモノのようにのんびり生きている私では、
第六感という強力な武器をもった妻には勝てそうもありません。

でも、
うつ病での障害年金に関しては私も第六感をもっています。

日本で唯一の”うつ病による障害年金専門”の社労士として
24時間365日障害年金の実務をこなしていることで
超能力のような感覚が身につきました。

言葉や理屈で説明するのは難しいのですが、
うつ病の障害年金を進めているときに
急に何かが分かる瞬間があるのです。

”このやり方じゃダメだ、あの方法がイケるはず!”

うまく言語化できないのですが、
特別な感覚におそわれるのです。

プロボクサーは試合に集中しているとき、
「相手の拳がスローモーションに見える」
なんてときがあるそうです。

プロゴルファーの世界でも、
「世界が真っ白になり、雑音も消え、カップとボールしか見えなくなった」
なんてことを言っている人もいました。

業界のトッププロが極限の集中状態に入ったとき、
普通の人とは違う世界にいるようなんです。

私も本当に集中しているときは、
周りの音が聞こえなくなり
景色もなくなっていく感じがします。

周囲の人からは、
「急に動きが止まってこわい」
なんて言われたこともありました。

でもそれだけ集中して障害年金の書類を書いたとき、
成功率は100%です。

すべての障害年金で成功率100%にしたいところですが、
まだその領域には達していません。

ただ、
もし私がすべての病気や怪我に対応する障害年金社労士だったら、
これだけの力を身に付けることはできなかったでしょう。

うつ病による障害年金に特化したからこそ見える世界があるのです。

もしあなたがうつ病で苦しんでおり、
1年6ヶ月治療を続けても治らず、
働くこともできないのなら、
障害年金を受け取れる可能性があります。

かなり難しい手続きですので、
自分でやるのは無理だと感じたら
まずは私に相談してください。

障害年金はどの社労士に依頼するかで成功率も変わりますので、
社労士選びは慎重に。

身体障害や知的障害の場合、
私はポンコツなので依頼しないでくださいね。

実際、身体障害や知的障害での依頼はすべて断ってます。

うつ病での障害年金なら、
あなたに障害年金という経済的安心を届けられるはずです。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける