うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

”こんなの簡単だよ”おじさん


From 山崎純平
世田谷のスタバより

僕のマンションの押入れが、湿気により、カビが生えてしまいました。
壁はボロボロです。

久しぶりに、押入れの整理でもしようかと思って、開けたら、湿気で、壁が剥がれかけていました。
壁を触ると、湿っているんですね。
ショックでした。

すぐに修理したいと思い、いくつかのリフォーム業者を検索してみましたが、
何を基準に決めたら良いか、わかりませんでした。

どの業者にするか、悩んでいたところ、母親から、知り合いのおじさんを紹介してもらいました。
そのおじさんに、一度、押入れを見てもらうことにしました。
そのおじさんは、リフォーム業者の人ではないですが、やたらと自信満々に、

「こんなの簡単だよ。
業者に頼む必要なんかない。
俺がやってやると。」

と力強く、言ってくれました。

リフォームなんか、初めての経験なので、
そういうものか、とすんなりと納得しました。

また、値段も材料費だけでやると言ってくれたので、ぜひ、お願いしたいと思い、
すぐに依頼しました。

そのおじさんにお願いしたところ、
当初「2日で終わる」と言っていたのに、
3日、4日、5日、経っても全く終わりません。

恐る恐る、押入れを見ると、

ヒドイ

の一言です。

釘は打ちっ放し
コーキング剤は適当に塗られている
断熱材が適当に貼られている

工事をする前の方が、キレイでした。

頼まなければよかった・・・
心からそう思いました。

早急に、作業をやめてもらいました。

費用は、

3万5000円

です。

材料費だけ支払いました。
手間賃は支払わずに済みましたが、それでも3万5000円は大金です。
ショックが隠せません。

追い討ちをかけるように、
おじさんが荒らした押入れを、元に戻そうにも、コーキング剤が取れず、元に戻りません。

その押入れの姿を見ると、怒りがこみ上げてきました。

早く、直してもらいたい・・・

自分で修理することも考えたのですが、ネットで検索してやり方を見ましたが、
調べれば調べるほど、
「素人の自分には無理だ」
と確信しました。

結局、業者にお願いして、全部、キレイに取り払ってもらいました。

おじさんが修理した材料は全て、ゴミ箱に捨てられました。
リフォーム業者の人曰く、
「このおじさんは、何がしたかったのかわからないですね。」
と言っていました。

結局、最初からプロの業者にお願いをした方が
早いですし
綺麗ですし
無駄な費用を支払わなくて済みます。

障害年金の申請も同じことが言えるのではないでしょうか。

ご自身で、申請をすることももちろん可能ですし、費用の安い社労士に依頼することもあるでしょう。

でも、障害年金パートナーズは、結果を重視したサポートを何よりも重視しております。

体調が優れない中、やっとの思いで、申請をしても、結果が不支給であれば、余計にストレスがかかり、ますます落ち込んでしまうでしょう。
また、私たち障害年金パートナーズは、他の社労士事務所と違い、うつ病等の障害年金に特化した事務所です。
そんなストレスを抱え込まなくていいんです。

無料判定を実施しておりますので、お気軽にお問合せ下さい。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける