うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

紙の重さ


From:山崎純平
新宿のカフェより、、

間違えた。
気がついた時には時すでに遅し。

秋葉原のヨドバシカメラでA3用紙を買うはずが、何とB4用紙を買ってしまいました。
よく見なかった僕が悪いんです。
A4より大きい紙を選べばいいと思って、何も考えずにレジカゴに入れました。
「A3ってA4よりちょっと大きい紙」くらいしか思っていませんでしたからね。

普段はA4かA3しか使わないと思うので、いつしか、この世には、A4とA3の2種類しか存在しないと思ってしまったんですね。

それで、今回の買い間違えが生じたっていうわけです。

それに気がついたのは帰りの電車です。
電車の棚起きにコピー用紙を置いた時に、「B4」と書かれているのが目に入ったわけです。

今から引き返すのも面倒ということで、そのまま自宅に帰りました。

翌日、交換をしようと思い、B4用紙を持って家を出ました。
新宿に行く用事がありましたので、新宿に行った後に秋葉原に行くことを決めていました。

これが、B4用紙が重いんですよ。
100枚くらい入っているのでしょうか。
多分、1、2キロはあると思います。

紙1枚は大した重さではないのですが、それが100倍になると、ずっしりと重さを感じます。
しかも、かさばる。
とっても持ちにくい。
運ぶだけで一苦労です。
肩がすごく凝ります。

あ〜あ。ちゃんと商品を見て買えばよかったと後悔を感じました。

そんな不満タラタラで新宿を歩いていた時、目の前に「ヨドバシカメラ」が目に入ったんです。

ふと、ある考えが浮かびました。

同じヨドバシカメラなんだから、秋葉原でなくても新宿で返品ができるのでは・・・

でも、冷静になって考えたら、同じヨドバシカメラであっても、場所が違うのだから、別のお店になるのでは・・・?
新宿のお店に、秋葉原の商品を返すのは普通にありえないよな。
気がつくと、新宿のお店に秋葉原の商品を返品するのをやめさせようと、自分で自分を説得をしていました。

でも、いかんせ、このB4が重い。この重さを背負って歩いたせいか、体は疲労困憊。疲れてきたせいか、正常な考えができませんでした。
この重さから逃れられるのなら・・・

色々な不安を感じながら、ダメ元で新宿のヨドバシカメラの店員さんに思い切って声をかけました。

あの〜。秋葉原のヨドバシカメラで、間違ってB4用紙を買ってしまったのですが、返品はできますか。

すると、店員さんが
「大丈夫ですよ」
と明るく返事をしてくれました。

その瞬間、B4の重さから解放されると同時に、色々考えた不安からも解消されました。
僕の心は軽やかになりました。

障害年金も同じことが言えるのではないでしょうか。

障害年金を申請する前は、自分の症状は重いと思っているが、障害年金を受給することができるのだろうか?なんて色々な不安に駆られて、障害年金の申請を諦めてしまっていないですか。

今すぐ、障害年金の無料判定を受けてみて下さい。
きっとその不安は幻となるでしょう。

PS:無事に新宿でB4用紙を返品しました。でもA3用紙が欲しかったので、B4用紙とA3用紙を交換して、差額を支払いました。
思いました。B4用紙より、A3用紙の方が重かった。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける