うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

手袋なくしました


From:山崎純平
大宮のカフェより、、

最近、ものをなくしたことはありませんか?
僕は、あります。

数年愛用をしている手袋があるんです。
ワークマンで買った手袋で、500円くらいだったかと思うんですが、これがすごく温かいんです。
雨にも強くて、重宝しているんです。
毎年の冬、お世話になっています。

あまり手袋には気を使わない性格でして、中学生の頃は、軍手を手袋代わりに使っていました。
でも、ワークマンの手袋に変えたところ、温かいんです。
寒さをしのぐだけかと思っていたら、違うんですよ。
温かいんです。

先日、いつものようにワーククマン手袋をして、自転車に乗っていた時、途中から、暑くなってきたんです。
自転車を1時間も漕いでいれば、身体が温まってきますね。
そこで、手袋を脱いで、自転車の前カゴに入れたんですね。
それから30分後くらい漕いだでしょうか。
ふと、気がついたら、ないんです!ワークマン手袋が!

片っぽだけ残っていたのですが、もう片一方がない。

恐らく、自転車を漕いでいる途中で、落としたのと思われます。
ですが、気がつけば時間が夜の7時。
夜の7時となれば、もう真っ暗です。

ショックでしたね。
重宝していた手袋だけに、失ったことで、ちょっぴり悲しみを感じました。
それだけ愛着があったのでしょう。

用事を終えて帰るときには、もう新しい手袋のことで頭がいっぱいです。
そうだ。帰りにワーククマン行こう♪
(切り替えが早い笑)

なんて考えていたんです。
とその時、見つけたんです!ワークマン手袋を!

一瞬でした。
道端に落ちていたんですよ。
間違えない。これは僕の手袋。
水たまりに落ちていたので、少し湿っていましたが、そんなのお構いなし。
すごくホッとしました。

なんか、ペットのような愛おしさを覚えました。
きっと手袋が見つけてくれ!という気持ちが伝わったのでしょうか?
いや、僕が手袋を見つけたい!という気持ちが届いたのでしょうか?
真相はわかりません。
でも、見つかってよかったです。
家に帰って、洗濯しました。
乾いたら、また使います。

一度、物をなくすと、その物の良さを知ることができますよね。

あなたは今、うつ病で苦しんでいて、昔のように健康を取り戻したいと思っていることと思います。
あなたは誰よりも健康の有難さを感じていると思います。

あなたがまた健康で生活できますように、あなたの不安を取り除くお手伝いをさせてくれませんか?
そうです。あなたの経済的不安を解消するお手伝いをさせて下さい。

このままだとお金がどんどんなくなってしまって、治療に専念できない・・・
その不安は、障害年金を受給できれば、消し去ることができます。
障害年金を受給できれば、お金の心配をする回数がぐっと減ります。
すると、その分治療に専念できますので、また健康を取り戻すことができるのです。

今なら、障害年金の無料判定を実施ていますので、お気軽にお問合せ下さい。

あなたからのご連絡お待ちしております。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける