うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

今更ですが、自然が好きです。


From:山崎純平
川口のカフェより、、

休みの日に、ふと公園に行きたいなっていう気持ちになったんです。
公園といっても、家の近くの小さな公園ではなくて、自然が楽しめる大きな公園です。

ネットで検索をして緑化公園がありましたので、早速自転車を走らせて、行ってきました。
緑化公園なんか、小学生以来行ったことなんかありません。

小学生の頃は、遠足とか無理やり?行かされた思い出しかないですね。
自分から好んで公園に行こうとは思わなかったです。
自然なんか特に「ふ〜ん」としか思っていなかったですからね。

小学校を卒業をしても、中学、高校、大学、社会人になっても特に公園に行きたいとかそういう思いは沸いて来ませんでした。
それよりは、ディズニーランドとか、富士急といったものの方が行きたいなという思いがありました。

30代過ぎてから、ふと自然を見たいなという思いが出て来たんですね。
というわけで、緑化公園に行くことにしたんです。

入園料を300円ほど支払い、いざ入園。
そこには赤、緑、黄色と様々な花が咲いています。
綺麗に整理されている園内で、公園の中央には噴水が流れています。

思わず「うわぁ〜」と言ってしまいました。
ちなみに、一人で行きました。
妻に声をかけても、昔の自分と同じように自然の良さを理解しておりませんので、「私は行かないよ。一人で行っておいで」と言われてしまいました。

まぁいいっか。

園内を探索をしていると、いつもなら絶対に見落としていた、気がつかなかった自然の良さにたくさんたくさん気がつくことができます。
300円支払ったから、「元は取らねば」という思いがあるのか、自然を敏感に感じています。

噴水の音、鳥の鳴き声、風の匂い、木の葉が揺れる音・・・

あ〜自然っていいなという思いが溢れて来ます。

周りはお年寄りばかりで、若い人はいません。
普通なら公園なんか来ないでしょう。
子供がいないかぎり、来る気も起きないでしょう。

でも、自然っていいですよ。
あ、もっと早く気がつけばよかったなって思います。
自然は、私たち人間に生きるエネルギーというのか、すごくプラスなエネルギーをくれます。
忘れているだけで、私たちの住んでいる場所にはたくさんたくさん、自然があります。

木、花、雑草、虫、川、海、雲、空・・・・

でも見落としてしまうんですよね。
当たり前過ぎて。

そう、障害年金と同じです。
障害年金は昔から存在する制度ですが、障害年金を知っている方はいません。
障害年金は目に見えないので、気がつけません。
ただ、ずっと前から存在しています。

あなたがうつ病等で苦しんでいて、精神的な症状で初めて病院に行った日から1年6カ月以上経過しているのなら、障害年金をもらえる可能性があります。

あなたは今、障害年金という存在を知っています。
その障害年金という言葉を知ることが実はとても難しい。
多くの人は障害年金を知らずに、経済的不安に悩まされています。

でもあなたは障害年金を知っています。
障害年金を知ったのなら、障害年金という経済的安心を手に入れましょう。
今なら無料判定を実施していますので、お気軽にお問合せ下さい。

あなたからのご連絡お待ちしております。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける