うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

妻がダイエットを昨日から始めました


From山崎純平
大宮のカフェより、、

夜11時頃、ドスンドスン

何事だ?
うとうとと眠りに落ちかけていたときです。
でもあまりの眠さに、そのまま寝てしまいました。

翌朝、妻に
「昨日、地震あったよね?」
と聞きました。

「ないよ。」

「えっ?11時頃だよ。ドスンドスンってあったと思うんだけれどな。」

とりあえず、朝急いでいたので、そのまま「自分の気のせいかな」と自分を納得させて、家を出ました。

その晩、夜ご飯を食べて、リビングでくつろいでいたところ、また

ドスンドスン

という音が聞こえました。

音のする方に行くと、なんと

妻が跳ねていました。

なんだ。
地震の正体がわかりました。

そうです、妻がジャンプしていた音だったんですね。

妻に、何しているの?と聞くと、

「運動だよ。」と言って、スマホの画面を見ながら運動をしていました。

運動のアプリを入れた様で、スマホの画面に表示される運動をやっているんです。

どうして運動しているの?

だって、ハッ、最近太ってしまって、ハッ、来週、健康診断だから、それまでに痩せようと思っていてさ。ハッ。

妻はめちゃくちゃ息を切らしています。

なるほど。妻は、この1週間で痩せようと思い、運動をし始めたのです。
今のところ、2日間は続いています。
まず三日坊主という関所を超えないといけません。

妻に目標は何キロ痩せたいのか?と聞くと、

3キロ

とのこと。

「目標は大きい方がいいよね」と言いつつ、現実難しい・・・と思ってしまいました。

1週間で痩せるというのはかなりハードルが高いです。
時間がありません。

しかも1日5分程度の運動しかしていませんので、効果はあまり期待できません。

でも、妻の夢は、夫の夢。ということで、私も妻のダイエットに協力しようと思います。

妻の大好きなお菓子を片付けようと思い、お菓子棚を整理していたら、封が空いているポテトチップスを発見しました。
妻以外、誰もおかし食べません。
このままだと誰も食べず、腐らせてしまうので、私が代わりに食べることにしました。

妻が運動をしている間、ポテチを食べていたところ、妻がやってきて、

「私も〜食べる〜」
と言ってきました。

いやいや。
ダイエットしているんでしょう。

食べる?
と一応聞くと、

「まだ、夜9時前だから、食べる」
と。

9時前?
9時前ならいいんだね。
妻の面白い理由にプッと思わず笑ってしまいました。

ちなみに、妻のダイエットにより消費したカロリーは120キロカロリーですが、妻が吸収したポテチのカロリーは150キロカロリーでした笑

ダイエットをしようと思っても、色々なハードルを超えないといけないですね。
・お菓子を食べないこと
・運動をすること
・上記のことを続けること

1人だと難しいでしょう。
「面倒だな」
と思って、ダイエットを断念してしまうでしょう。

障害年金も同じことが言えます。
障害年金の申請には色々なハードルを超えないといけません。
例えば、
・年金事務所へ行く
・必要な書類を準備する
・書類を作成する
・年金事務所の職員に説明をする

精神的に辛い状況で、色々な手続きを行うのは大変です。
1人で全ての手続きを行おうとすると大変で、断念してしまいます。
ダイエットと違い、あなたの代わりに面倒な手続きは私たちが行います。

あなたは治療に専念することができます。
少しでも手間をかけずに成功率を上げたいのであれば、私たち全国障害年金パートナーズを頼ってください。

あなたからのご連絡お待ちしています。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける