うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

ピロリ菌がお腹にいました!


From:宮里竹識
世田谷の自宅より、、

少し前に、
世田谷区から胃がんリスク検査の案内がきたんです。

この胃がんリスク検査というのは、
バリウムや胃カメラを飲んだりしての検査ではありません。

血液検査により胃の中にピロリ菌がいるかを調べ、
胃がんのリスクを把握するというものです。

費用のほとんどを区が負担してくれ、
自己負担は800円ですむということ。

それなら受けてみようということで、
先日近くの内科に行って血液を採取して検査してもらったのです。

そして先ほど、検査結果を聞いてきました。

その結果、
「ピロリ菌、いますね」
と医者から言われました。

 

がーん!

 

もちろん今ピロリ菌がいるからといって
胃がんになったわけではありません。

ですが、
胃がんなどの胃の病気の多くはピロリ菌が原因であることが
医学的にも分かっています。

ということは、
ピロリ菌がお腹にいる私は胃がんのリスクが高いというわけです。

これは何とかせないかん。

医者からはピロリ菌を滅菌する薬を飲むことを勧められました。

もちろん即OKです。

ただ、一点問題がありました。

というのも、
ピロリ菌を滅菌する薬は保険外になってしまうということです。

例外的に胃カメラ飲んで検査を受ければ保険適用になるそうです。

「どちらを選びますか?」
と医者に聞かれます。

 

選択肢①:胃カメラ飲んで、保険適用でピロリ菌を滅菌
選択肢②:胃カメラは行わず、全額自己負担でピロリ菌を滅菌
選択肢③:何もしない

 

さすがに選択肢③の何もしないというのは
ありません。

少し考え、
選択肢②の全額自己負担でピロリ菌を滅菌することにしました。

ぶっちゃけ、
胃カメラを飲むのが怖いのです。

それに、
ピロリ菌滅菌の薬は全額自己負担でも7千円ほどです。

それなら胃カメラの検査に半日使うよりも、
その時間を仕事に当てた方が金銭的なプラスが大きいのですよ。

というわけで薬をもらい、
服薬中の私です。

1週間ほど薬を飲み続けることで
お腹の中のピロリ菌がいなくなるはずです。

こんな感じで健康維持に励んでいます。

しっかり健康で長生きし、
一人でも多くのうつ病で苦しんでいる人に
障害年金を届けられるよう頑張ります!




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける