うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

手続きって難しい


From:山崎純平
草加のカフェより、、

母親から電話がかかってきました。

「国民年金の手続きをしないといけないんだけれど、さっぱりわからない。」と。

「今度、実家戻るから、そのとき、書類見てあげるね。」

後日、実家に戻って、年金事務所から書類を見ました。

ぱっと見、何をしなければいけないのかわかりません。
私は社会保険労務士です。
ですが、何かしらの手続きが必要なのだと思うのですが、年金事務所の文章を読んでいても、よくわかりません。

母親から「父親が定年退職して、会社を辞めたんだ」との話を聞いて、ようやく理解しました。

母親は、父親の扶養に入っていましたが、父親が退職したことで、母親は扶養から外れることになりました。
その際、母親は国民年金の第1号被保険者の取得手続きをして、国民年金の資格取得届をしなければいけないのです。

そのことは、年金事務所からの書類に書かれていません。

申請書があるだけで、何をどのように書けば良いのかの説明書きもありません。
年金事務所の地図が同封されていました。

もし、母親が1人で手続きをしようとしたら、とてもじゃないけれど、できないと思います。
それで仕方なく、わざわざ年金事務所に行かなければいけません。

それって面倒じゃないですか?

私がいたから、どんな書類をどのように書けばよいかわかりますが・・・

母親は60歳近くで、文字を読むのも億劫です。

今回は、資格取得届という簡単な手続きですが、それでも母親にとっては難解です。

母親は、簡単な書類さえ何を書いたらよいかわからないので、全て私が代筆しました。

それから数日後、出来上がった書類を母親の代わりに年金事務所に出してきました。
ただ書類を渡すだけだったのですが、受付の人「委任状がないと受理できません。」とのこと。

ただ渡すだけなのに、なんで?と思わず、困惑してしまいました。

受付の人は「封筒を渡すので、この封筒で郵送して下さい」とのこと。

封筒に入れて郵送するのと、今ここで渡すことって、同じではないでしょうか?

しぶしぶ封筒をもらって、年金事務所の近くのポストから投函しました。

今回は、資格取得届という簡単な手続きでしたが、これが障害年金の手続きだったらどうでしょうか?
1人で手続きをすることはとてもじゃないけれど難しいと思います。

年金事務所のやり取りも1人でこなさなければいけません。

いつしか「こんな難解な手続きは無理!」と諦めてしまうのではないでしょうか。

あなたはそんな負担をしなくていいんです。
諦めなくていいんです。

代わりに私たち全国障害年金パートナーズがお手続きをします。

今なら障害年金の無料判定を実施していますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
あなたからのご連絡をお待ちしております。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける